TOP画像

キャッシングの審査を通過する為に必要な事

クレジットカードは持っているけどキャッシング枠のないカードでキャッシング出来るようにしたい人や、キャッシング専用のローンカードを作りたい方の心配は審査に通るかどうかと言う事でしょう。申し込み自体は簡単にできるのですが、その後に行われる審査は申込者の関与できない事なので当然な心配だと言えます。だから審査に通るための秘訣が無いか探してる人もいるでしょう。

ですが、秘訣と言うものは実は有りません。嘘の申告をすれば、詐欺で罰せられる事も有りますし、カードが使えなくなる事も有ります。ですから出来るだけ正直に書かなければなりません。しいて言うなら勤続年数を少しだけ多く書くことくらいでしょう。例えば、3年4ヶ月勤務してたら3年半と、それ位しかありません。これを5年と書いてしまうとうその申告とみなされます。

そういう危ない橋を渡るより、審査の厳しくない所を探した方が良いでしょう。カード会社の審査と言うのはどこも同じではありません。正社員で3年以上勤務してなければならない所も有れば、アルバイトやパートでも通る所も有ります。キャッシングカードの場合は収入証明書の提出を求められる事も有りますので、直近2ヶ月くらいの給与明細のコピー位は用意する必要が有ります。それで収入が有る事が分かればある程度の利用可能枠で作る事が出来るはずです。利用可能枠が小さい場合は証明書も提出しないでいい所も有ります。

注意すべきは、申し込み時にクレジットカードなどを所有していて、その支払いに事故が無かったかどうかです。延滞が多く何度も利用停止になっているようだと、審査で落とされる可能性が有ります。逆に優良な利用状況で有れば、そのカードのキャッシングを申し込んだ方が、実績がある分審査は通り易くなります。

秘訣と言えるかどうかは分りませんが、クレジットカードを持っている人は、履歴に傷がつかないように利用し、新規で申し込むなら自分の勤務形態や収入状況を顧みて、審査に通りそうな所に申し込む事です。あとはカード会社の判断に任せるしかありません。そして、一か所の通らなかったから次はこっちでと次々に申し込むのは控えましょう。審査の問い合わせが立て続けに有った事は判ってしまいますから、それだけで印象が悪くなってしまいます。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ