TOP画像

キャッシングの審査は様々ですが、簡単な所がオススメです

キャッシングの申し込みを考えてる人が悩むのはどこのローンを使うかと言う事です。申し込みをすると審査をされますので、それに落とされたくないと言う気持ちも有ります。そして利息が安く、支払い条件のいい所はどこか?と言った所でしょう。ですが、これらの条件を全てクリアするのは難しい事なのです。

ローン会社は営利を目的とした企業である以上、収益を上げなければなりません。利息を低く設定すると収益は減る事になりますから、回収できないなどのリスクは出来るだけ負えなくなり、自然と審査が厳しくなります。逆に少々審査を緩くしてでも新規の顧客を獲得したいという所は、リスクが有る分、利息を高めに設定し収益を確保しなければなりません。このように審査基準と利率は相反するものだという事を念頭に選ぶ必要が有ります。

審査は勤務状況や年齢などの申込書記載の情報を総合的に見て行われます。勤続年数1年より2年の方が有利なのは間違いありません。3年以上じゃないと受け付けない所も有ります。クレジット実績のない人は、このように申込書の内容だけで審査され、年収等から支払い可能額を割り出して利用可能枠と利息が決定されます。比較的に審査は通り易いと言えますが、ここで落とされるという事は勤務状況に難が有ると判断されたと思って良いでしょう。収入が安定していないと判断された事になります。

クレジット実績が有る人は、個人信用情報機関に照会され、過去の利用状況を確認されます。これが大きく物を言います。支払に遅れはないか?焦げ付かせた実績はないか?現在の利用残高やいつも限度額一杯まで借りてないか?等が調査されます。ここでの情報で優良もしくは良となれば、申込書の記載内容とを合わせて審査し利用可能枠を決めています。情報の内容が悪ければその時点で落とされる可能性が高いです。

ただ、これらの事は一概には言えない面もあります。最初に書いたような各ローン会社の事情により判断基準が違うのです。通常審査はスコアリングと言う方法で点数を付けていくのですが、審査の可否を決める基準点が各社独自のもので、公にはされていません。というより機密事項と言った方が良いものなのです。ですからアルバイトやパートでもキャッシング出来たり、債務整理した実績が有っても審査に通ったりと言う事もあるのです。

一般的に銀行系は審査が厳しいとされています。銀行が発行するカードローンです。その分利息はかなり低い所が多いです。審査が緩いと言われるのが消費者金融系です。ただし利息は高めに設定してあります。ただこれらは一般的にそう見られているというだけで、現実そうかと言うと確信の持てるものでは有りません。あくまで参考として考えてください。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ