TOP画像

キャッシングの審査で、重視される属性の内容に注目

 キャッシングサービスを利用するためには、利用する会社の審査を受け、その審査に通過する必要があります。では、そういった審査の中では、利用者のどういった部分が判断されるのでしょうか。金融会社は審査の申し込みを受けると、まず自社の登録情報に申込者が既に登録されているかどうか、ということを調べます。そして、信用情報機関に問い合わせて、申込者の記録があるかどうかの調査に移ります。それから、申込者の年齢や過去の借り入れ経験といった、個人情報の面も調査していくのです。そこから、借り入れを許可するかどうか、どれくらいの額の融資を許可するのかなどを判断していきます。審査に通ることで、クレジットカードが発行され、キャッシングサービスを利用することができるようになるのです。

 キャッシングの申し込みには、自分の個人情報といえるものをすべて晒すつもりで望まなければなりません。自分のことはもちろん家族構成や、職業や勤務先や、住居の環境なども審査項目に記入しなければなりません。金融会社の審査では、そういった項目のことを属性と呼ぶことがあります。その中でも、特に重視される属性があり、そこに問題があった場合は、審査を通過する確立は低くなってしまいます。

 重視される属性というのは、その人がいったいどういう人なのかというものを判断することができるもので、また確証がとれるものについては重視される傾向にあるようです。中でも、収入レベルがわかるような属性も重視されるようです。年収は重視されるだろうと思われるかもしれませんが、実はこれは自己申告が可能なものなので、年収自体というものは裏付けがとれない限りはあまり重視されるものではないのです。事実でない報告も可能な項目ですから、確証のあるものよりは重視されることはないようです。

 また、職種の面では、特に「離職率が低い」ものであれば、審査には有利になります。公務員などがその最たる例で、それに次ぐものでは会社勤めのサラリーマンなどになります。不利な職種はその反対で、「不安定な職種」となります。水商売関係や、日雇いの労働、自営業や、作家なども、安定しているとは判断されにくく、審査は厳しくなるようです。一方で住居の面では、持ち家であるかどうかという点は当然重視されるのですが、それと同時に、居住年数もかなり重視されます。高級なマンションに住んでいるかどうかというよりは、どういう家であっても長期間住んでいるほうが、審査ではプラスになります。長く住んでいることで、信用があると判断されるのです。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ