TOP画像

キャッシングの審査が甘い会社でも、闇雲に申し込むのは危険

 様々あるキャッシングサービスを、審査の観点から比較してみると、その基準もまた様々であるということがわかります。一口にキャッシングといっても、銀行系のものであったり大手のものであったり、また独立系のものなどもあり様々です。それを比較した場合、当然ながら審査が甘い会社、厳しい会社というものに分かれていきます。

 まず、同時に借り入れる件数は、三社というのが目安になります。借り入れ件数が三社以内で、借り入れ金額が年収の三分の一以下であれば、銀行系でも審査に通る可能性は高いといえます。銀行系は総じて金利が低めに設定されていますので、利用をするということであればそちらのほうがよいでしょう。借り入れ件数が仮に四件を超えている場合、銀行系は難しくなるでしょう。ですが、2006年の貸金業規制法や出資法などの法改正により、利息の上限金利が引き下げられ、銀行系ではキャッシングの審査が厳しくなってきている傾向にあるようです。銀行系でも、さらに審査に対しては慎重になってきているということです。

 また、審査の甘い会社と評判の会社でも、闇雲に申し込めばよいというわけでもありません。もし、事前にその会社について情報を集めずに申し込み、審査に通らなかった場合、その情報は個人信用情報機関に登録されてしまいます。信用情報機関に保存される期間は3ヶ月から6ヶ月ですので、その間、個人信用情報機関の記録が汚れてしまうということになります。汚れたからといって必ず借りられないというわけではありませんが、その情報を参照する会社の審査には、当然影響があるといっていいでしょう。比較的甘いといわれる審査を持つ会社でも、そのことにより借りられなくなる、ということも起こるかもしれません。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ