TOP画像

多重債務がある場合でもキャッシングができる?

Q:多重債務がある場合や、ブラックリストの場合でも、消費者金融から借りられることがあるというのは、本当ですか?

A:結論から言ってしまうと、「借りられることもあれば、借りられないこともある」ということになります。

 ブラックリストの場合、よく、過去にクレジットカードでの破産歴があり、ブラックリストに登録された人が、消費者金融などから借りられた、というケースを聞くことがありますが、それは極めて限られたケースになります。ブラックリストでも借りられる場合は、「信用情報センター」にポイントがあり、つまり「クレジットカードの信用情報センター」と「消費者金融の信用情報センター」が異なるために、借りられる場合が存在します。

 消費者金融の中には、「クレジットカードの信用情報センター」を照会せずに審査をするところもあるので、その結果、クレジットカードがブラックでも借りられた、というケースが起こるということになります。ですが、それも業者による場合が多く、中にはクレジットカードの信用情報センターもしっかり照会してから審査を行うこともあります。

 では、社内ブラックリストの場合はどうなのか。

 過去に金融事故を起こした人が、そのとき利用していた会社で再度借りられるかどうかについては、困難であるといえるでしょう。その場合、いわゆる「社内ブラックリスト」に残ってしまい、その会社に警戒されてしまいます。たとえ破産後に十年が経ち、信用情報センターのブラックリストから消えても、「社内ブラックリスト」には残ったままですので、その会社から借りることは難しい、ということになります。

 では、多重債務があっても借りられるのか?
 多重債務者でも借りられるのかどうかは、非常によく聞かれることです。

 多重債務者の方は、何件もの借り入れをしている状態なので、また別のところから借りるということは難しくなってきます。それはどうしてかというと、各会社は情報を共有している場合が多いためです。どこで、どれくらいの借金があるかなどということが、即座にわかるシステムを持っています。

ですが、だからといって多重債務者の方が借入れできないかというと、そうとは言い切れません。当然、状況によることなので、必ず借りられると断言できることではありませんが、貸すかどうかは各会社の判断になりますから、あるひとつの会社の審査の基準を満たせば、十分借りられる可能性はある、ということになります。

 中には、審査基準が「甘い」という会社もありますので、多重債務でも借りたい、という方は、そういう会社を探すことが必要になります。そうすれば、借りられる可能性は残っています。

 ですが、返済能力が見込めなければ、本来はそれ以上の借り入れをするべきではありません。個人ごとの経済状況に合わせて、その範囲内での借り入れに留めることを気をつけるべきでしょう。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ