TOP画像

キャッシングの返済に時効が有ると聞いたのですが、その期間は?

Q,3年位前に20万円キャッシングして、ちゃんと引き落としされてたのですが、2年前に退職し流浪の旅に出てしまい、すっかり忘れていました。2年ぶりに帰ってきたら一括返済するよう催促されています。現在無職で、遊んでたので蓄えも有りません。キャッシングの返済に時効が有ると聞いた事が有るのですが、どれくらいで時効になるのでしょう?

あまりお奨め出来ませんが、確かに時効があります。時効は、最後に返済した日やキャッシングの契約を交わした日から5年です。時効を成立させるには、借りた側が借金を認める行為。つまり借金を認めて支払いをすることや、貸した側が裁判などに訴えることがない状態が5年間続かなければならないと言う条件が有ります。そのどちらかが行われると、時効の期間がりセットされます。

貸した側は請求書や電話で返済を迫りますが、それだけでは時効の中断にはなりません。中断させるためには内容証明を送り、半年以内に裁判に訴えなければなりません。借りた側は借金の一部でも支払った時点で、借金そのものを認めたことになり時効が中断します。

まれに時効が成立したとしても、貸した側からの請求が止まると言うものではありません。民事訴訟に訴える事が出来なくなったと言うだけで、貸した側が返してもらおうとする事は当たり前なのです。そんな時に減額の提案もされますが、その提案に乗り少しでも支払うと、その時点で時効が消滅してしまいます。

これだけでも、時効まで知らぬ存ぜぬで通す事の難しさが解ると思います。これだけの手間と時間をかけるなら、話し合って減額してもらい、払える範囲で支払った方が良いのではないでしょうか?今回の場合は額も低いので、支払い可能な範囲だと思います。高額ならば債務整理という手段も考えて、一刻も早い解決を心がけるようにしましょう。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ