TOP画像

キャッシングで借り入れ、個人で賢く借りるための方法とコツは?

Q:キャッシングサービスを利用して現金を借り入れしたいのですが、サービスをうまく使うためのコツなどがあれば、教えてください。

A:キャッシングで借りることは、正しく計画的に利用をすれば、通常の金融機関から借り入れをするよりも有利な部分があります。

 キャッシングを利用する際に最も注意することは、当然ながら、返済の目処がついているかどうか、この一点に尽きます。そのほか、多額な借り入れではないか、返済が長期に及ばないかなどの注意点がありますが、その根底にあるのが「返済の目処」ということになります。

 目処があるとは、借り入れの状況を「操作・把握」できているかどうか、ということです。仮に、現状を切り抜けるためにキャッシングを利用して借り入れをすることがあっても、その後で「一社目の返済」を行うために次の会社から借りる、ということは可能な限り避けることが懸命です。そうして次々に借り入れ先を増やしていくことは、利息が次々に増えていくことにつながり、問題は解決に向かいません。

 特に、個人で利用する場合であれば基本的に利用は一社のみに定め、返済が難しくなった場合には、自分の経済状況の範囲で返済計画を組みなおすことを優先し、別の借り入れ先を探すことは避けてください。返済する意思を示せば、金融会社側も無理ない返済計画を再提示してくれます。

 その次に注意するべき点は、「借り入れ金額」、そして「返済の期間」ということです。返済期間が短期間であったり、借り入れ金額が50万円未満程度であれば、大きな問題になるケースはあまりありません。ここでも重要になってくることは、あくまでその借り入れ状況を自分自身で「操作・把握」できるかという点になります。

 そして、借り入れ状況を「操作・把握」するために、最も注意すべきものは、「借り入れ金額」と「利息」の関係性についてです。例えば、50万円の借り入れを、年利が20%の会社からしたとすると、一年後に支払う利息金額は10万円になります。半年後であれば五万円、この利息金額を一日あたりに直すと、約300円になります。この程度の金額であれば、借り入れ状況を「操作・把握」することは、さほど困難ではないと思われます。

 しかし、同じ業者から借り入れた金額が、仮に200万円であったとしたら、一年の利息は40万円になります。すると、一日あたりの利息金額は約1000円にもなってしまいます。一日ごとに、約1000円が利息として計上されていってしまうことを考えると、短期間であっても多額の借り入れをするべきではないことがわかると思います。

 個人の借り入れ状況を効果的に「操作・把握」するために、短期間で返済すること、多額の借り入れは行わない、借り入れる額は50万円程度に規準を定める、などをして、問題なく返済を行いましょう。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ