TOP画像

キャッシングとローンを比較すると、ふたつの違いはどこにある?

 キャッシングやローンといった言葉は、最近では雑誌や新聞などの広告でも頻繁に使われるため、目にしたことは多いかもしれません。中には、キャッシングローンという言葉もあります。それだけ多く広告があるということは、それだけ利用者も多いということでしょう。では、キャッシングやローンという言葉は聞いたことがあっても、その違いはどこにあるのか知っているでしょうか。

 実は、こういった言葉にはしっかりとした定義がなく、その使い方は広告を出す業者によっても微妙に変わってきています。ですが、だいたいの意味としては、「キャッシング」はキャッシュ(現金)をすること、つまり現金化するということで、現金を借り入れすることです。その返済方法としては、翌月などに一括で返済するとされている場合が多いです。

 その一方でローンは、毎月少しずつ返済していくという方式をとっています。ローンと聞くと、教育ローンや住宅ローンなどが思い浮かぶことが多いかもしれません。中には用途自由なフリーローンというものもあり、ローンは生活により身近なものになっているといえます。ローンでは、ある程度まとまった金額を借り入れて、その後所定の期日に決められた額を返済していくという方式が一般的です。

 以前は、単に「ローン」と呼ばれることが多かったですが、最近ではより便利に融資が受けられるようになり、専用のカードなども発行されるようになりました。カードを使うことで融資の範囲内でATMから自由に借り入れることができ、返済もATMから行えるようになったため、近頃では「カードローン」と呼ばれるようにもなったようです。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ