TOP画像

カードローンとキャッシング。その違いはどこにあるのか?

必要な際に小額の融資を受けられるサービスとして、キャッシングは知られています。その一方で、同じくお金を借りるサービスとしてカードローンというものがあります。キャッシングの場合も、カードを使うことはあります。では、キャッシングとカードローンは、どのような点で違いがあるのでしょうか?

一般にいうところのキャッシングは、お金を借りる行為をさします。それはカードローンも同じことです。キャッシングとカードローンの違いは、非常に難しく、また曖昧でもあります。その区別が全くつかない、という人も多いのではないでしょうか。しかし、金融機関は、キャッシングとカードローンを別々にわけ、全く別のものとして扱っている場合が多いです。

その大きな違いは、返済方法にあります。キャッシングで借りたお金は、翌月に一括で返済しなければなりません。一方、カードローンで借りたお金は、分割での返済が一般的です。

とはいえ、最近では、「カードローン」と呼ばれるべきサービスであっても「キャッシング」という名前で扱われることが多いのも事実です。そのため、両者の間は混乱し、キャッシングとカードローンの違いはより一層曖昧なものとなっています。

この理由はいろいろなものがあげられますが、一つには、キャッシングという言葉が、気軽に受けられる融資体系として広まったために、カードローンがより親近感を感じやすい「キャッシング」という名を借りてサービスを展開することを始めた、ということがあげられます。キャッシングとカードローンは、言葉の上では境界がなくなってきているのかもしれません。これからは、名前だけで早急に判断せずに、その形式を確認してから利用することがより一層求められるでしょう。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ