TOP画像

キャッシングの利用可能枠は年収によって制限されています

キャッシングカードを持つうえで、利用可能枠というのは気になる事です。可能枠が大きければ不必要な借り入れをしそうで怖い反面、低ければ自分の信用がそれだけしか無いのかとガッカリするものです。そして多くの方は楽に返せる範囲の枠を希望して申し込んでるのではないでしょうか?そして多く望んでも総量規制で年収の1/3までしか枠を設けてはもらえませんので、希望どおりになることは多くありません。

ただ気を付けなければならないのが利息です。カードローンの利息はカードの利用可能枠で変動するのです。年収300万円の人が必要ないと言う事で50万円の枠で申し込んだとすると、最大利息は18%になります。しかし年収の1/3までは申し込み出来ますので、100万円の利用可能枠でカードを作れば最大利息が15%になるのです。これは利息制限法により定められた率ですが、実際のローン会社の利息設定はもっと低めに設定してある所が多く、もっと細かく設定してる所も有ります。

このように利用可能枠は年収によって制限がありますので、その範囲の中で申し込む以上は可能な限り高めに設定した方が得なのです。可能枠の大きいカードを手にしたら、限度一杯まで使わないとその利息が適用されないのでは?と思うかもしれませんが、そのカード自体に利息が設定されてますので、1万円借りようが、限度一杯借りようが、利息は同じ率しか掛かりません。どうせ申し込むのなら出来るだけ高額な方が得だということが解ると思います。

高額な設定のカードを手にしたからと言って、無意味な利用をしないように気をつけましょう。自分のカードはこれだけ引き出せるんだと、気持ちが大きくなり何も考えずに使っていると、後で返済する時に苦労します。「ご利用は計画的に」と言われるように、本当に必要な時だけ利用するようにしましょう。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ