TOP画像

キャッシングの返済は、借り換えた方が得な場合があります

クレジットカードを何枚も持っている人がいるように、ローンカードを何枚も持っている人がいます。ですがローンカードを複数持っている事にそれほど必要性が有るでしょうか?クレジットカードの場合は使う場所により、それぞれ利点が有りますので数枚持っていた方が生活スタイルに合わせられますが、ローンカードを使う場所と言うのは、限られています。お金を借りるのですから、ATMやCD機と言う事になります。ですから生活スタイルと密接な係わりはありません。

そして数社から借り入れすると、数社分を同時に返済しなければならないので、毎月の支払額も膨らんでしまします。例えば4社から50万円ずつ借りたとして、毎月1万円の支払いなら合計4万円とプラス利息で5万円近い毎月の支払いになってしまいます。これが1社だけだと200万円の借り入れで毎月の支払いが2万円でも3万円選ぶ事が出来ますのでその分毎月の負担が減らせます。

さらに注目したいのは利息の点です。利用可能枠の小さいカードを4枚持つより、大きいカードを1枚持った方が設定利息が安いのです。利息制限法でも100万円未満なら18%なのに対して、100万円以上なら15%と違います。カード会社によっては200万円の可能枠だと楽天カードローンで6.9%~14.5%、住信ネットローンなら8%と低金利で利用できる所が有ります。それらに一本化すれば完済までの支払い総額にかなりの差が出てくるのです。

借り換えはしない方が良いと言われる所も有りますが、借り換えても結局支払い額が変わらない場合で、しっかり調べて計算すれば借り換えた方が得な場合も多いのです。今は金融業界の衰退期に有るようで、業者数や貸し出し額が減ってきています。各社低金利への移行やサービスを展開し、利用者の獲得に乗り出していますので、現在の利用残高をまとめる目的であっても、受け付けてくれる所が増えてきてるようです。

毎月の支払いを楽にしたいとか、支払い総額を少しでも少なくしたいと考えてる方は、おまとめローンを選択肢の一つに入れてみてはいかかでしょう。じっくり調べれば、得になる方法が必ず見つかると思います。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ