TOP画像

海外でキャッシングした場合、手数料は利息だけではありません

2011年6月現在、円高が続き1ドル80円位で推移しています。海外へ出かけて行くのには都合がよく、買い物も安くする事が出来ますので、渡航する人も多いでしょう。しかし海外へ行く事の心配は治安がいい所ばかりじゃないと言う事です。その為現金を極力少なくしてクレジットカードを利用する人が多く、その方が安心できるようです。お買い物するのにも、その方が便利ですし、どうしても現金が必要な時はキャッシングすれば良いだけです。

そして十分楽しんでくれば、支払いは帰国後と言う事になります。海外では面倒なので全て一括払いにしてる人が多いようですが、帰国後に分割払いに変更する事ができます。そして気をつけなくてはならないのが為替レートです。実は海外で買い物した時のレートではなく、カード会社が事務処理した時のレートが適用されます。ですから円高が進んでれば安くなりますし、円安になれば高くなってしまうのです。海外旅行の期間くらいでは大幅な変動はないと思われますが、それでも頭に入れておかなければなりません。

また分割払いにすれば分割手数料がかかるのですが、海外で利用した分はそれだけではありません。海外では当然ドルで買い物してますので、支払いもドルで行われます。この時に円をドルに換えて支払うのですが、その時に手数料がかかります。だいたい1.7%前後で、1000ドル使ったとすると17ドル前後の手数料が掛かりますので覚えておきましょう。

それでも出国時に銀行等で両替するよりは安いのです。両替手数料は1ドルに付き2円~2円75銭掛かりますので、1ドル81円だとすると3.3%と言う事になり、クレジットカードの為替手数料より高いのです。ですから、現金を持って行くよりクレジットカードの方が手数料が掛かってもお得だと言う事になります。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ