TOP画像

通常のカードローンのキャッシングは保証人が不要です

電化製品をクレジットで購入したりする場合に、一昔前は保証人を付けてくれと言われていました。銀行や消費者金融でお金を借りる場合も当然のように保証人が必要で、家族や友人に頭を下げ署名捺印してもらわなければならず、お互いに嫌な思いをしたものです。今でも車を買ったり、高額なクレジットを組む場合に要求される事も有るのですが、それも当時ほどではありません。

そしてクレジットカードやカードローンを申し込んだりする場合に保証人を要求するカード会社は有りません。そんなことをすればクレジットカードを持つ人は激減することが目に見えているからです。もし保証人が必要ならクレジットカードを作ろうと思いますか?逆にお願いされたとして保証人になれるでしょうか?通常保証人とは返済が終了するまでの契約なのですが、カードの場合は半永久的に持つ事が出来るので、半永久的に保証しなければならなくなります。そんなものお願いするのも、されるのも御免です。

そう言う事でカードの申し込みに保証人をと言う所は無いのですが、今のクレジットカードやカードローンの利用可能枠は相当高くなっています。20年前には20代のサラリーマンのクレジットカードの限度額は20万円とか30万円が普通だったのです。それが今では50万円とか100万円の限度額の人が多くなっています。買い物で利用するとしても少々の物なら手が出るようになりました。20~30万円なら学生でも主婦でも持てるようになっています。それらが保証人なしで持てるのですから、20年位で良い時代になったものだと感心するばかりです。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ