TOP画像

キャッシングの金利は様々。賢い選択で不要な利息は払うな!

いざお金を借りようと思った時に一番気になるのが、金利だと思います。金利は借入金に対して発生し、その分に応じて利息が発生します。

法定金利という利息制限法と出資法で定められた金利があります。元金10万円未満は20%、10万円以上 100万円未満は18%、100万円以上は15%です。これに基づいて各社独自に金利を設定しています。これは年率です。例えば10万円を借りた場合、1年で1万8千円の利息がつきます。1カ月では約1500円です。たいていの会社は、借入額が高くなるにつれて金利が低くなるように設定されています。その為、早期返済をするつもりなら、たいした負担にならないようになっています。

キャッシング会社の各社の特徴として金利が挙げられます。銀行系は審査が厳しく申込が面倒で時間がかかりますが、金利が安くなっている為、長期で借りる場合やまとまった額を借りる場合に適しています。消費者金融系は審査が比較的に緩く、即日融資可能など、すぐに借りたい人にはオススメです。また無利息期間を設けている会社もあり利息なしで借りれする事が可能です。しかし、金利が高くなっているため長期的な返済を予定している方には不向きです。

キャッシングするという事は、借金をするという事です。以前よりは垣根が低くなり借りやすい環境になっているとはいえ、一歩間違えれば多重債務者となり自己破産するという事態にもなりかねません。そんな状況にならない為にも賢くお金を借りなければいけません。

ご友人やご家族にお金を借りるのも良いです。しかし、お金は関係を破綻させます。今まで築き上げてきた関係を、たった数万円のお金で失くしてしまう悲しい事です。そうならない為にも金利を安く抑えたり、無利息のサービスなどを利用し賢くなるべくリスクを減らして自分で、なんとかするようにしましょう。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ