TOP画像

キャッシングの金利は法律で決められた枠の中でしか設定されない

キャッシングの金利がどこも似たり寄ったりなのはご存知の事ともいますが、それは利息制限法と言う法律により上限の利息が決められているからです。金融会社はその法律の範囲内で独自に設定しているので、似た中でも違いが出るようなサービスを展開しています。ではその利息制限法とはどのようになっているのか見てみましょう。

まず上限利息ですが、10万円未満の貸し付けには年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上は年15%までとなっていて、その上限を超える利息分は無効となります。無効とは払わなくて良いという事です。それでも以前は25%以上の利息で契約する消費者金融会社がほとんどでした。それは利息制限法に違反しても罰則規定が無かったからです。さらに出資法による制限の29.2%の利息が認められていて、その法律を盾に改められることは有りませんでした。

この利息制限法と出資法の間の利息の差の部分が「グレーゾーン」と呼ばれるものです。出資法には罰則が有り、この上限利息jは守られていたようですが、その出資法を有効にする為には「債務者が自主的に支払った」という大前提ががあります。今、盛んに行われている過払い請求はそのグレーゾーン金利分を過払いとして返却を求める請求です。裁判でも出資法の大前提が認められることはほとんどなく、請求が通る事が多いようです。

現在では出資法の上限利息も利息制限法と統一され、それにより金融会社の利息も似たり寄ったりになっているのです。万が一その事を知らずに、上限利息を超える契約をしてしまったとしても、その契約自体が無効となりますので、上限利息以上の金利を払う必要はありません。それでもしつこく請求されるようなら弁護士か司法書士に相談してください。それで請求されることはなくなります。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ