キャッシング

キャッシングの金利は様々。賢い選択で不要な利息は払うな!

いざお金を借りようと思った時に一番気になるのが、金利だと思います。金利は借入金に対して発生し、その分に応じて利息が発生します。

法定金利という利息制限法と出資法で定められた金利があります。元金10万円未満は20%、10万円以上 100万円未満は18%、100万円以上は15%です。これに基づいて各社独自に金利を設定しています。これは年率です。例えば10万円を借りた場合、1年で1万8千円の利息がつきます。1カ月では約1500円です。たいていの会社は、借入額が高くなるにつれて金利が低くなるように設定されています。その為、早期返済をするつもりなら、たいした負担にならないようになっています。

キャッシング会社の各社の特徴として金利が挙げられます。銀行系は審査が厳しく申込が面倒で時間がかかりますが、金利が安くなっている為、長期で借りる場合やまとまった額を借りる場合に適しています。消費者金融系は審査が比較的に緩く、即日融資可能など、すぐに借りたい人にはオススメです。また無利息期間を設けている会社もあり利息なしで借りれする事が可能です。しかし、金利が高くなっているため長期的な返済を予定している方には不向きです。

キャッシングするという事は、借金をするという事です。以前よりは垣根が低くなり借りやすい環境になっているとはいえ、一歩間違えれば多重債務者となり自己破産するという事態にもなりかねません。そんな状況にならない為にも賢くお金を借りなければいけません。

ご友人やご家族にお金を借りるのも良いです。しかし、お金は関係を破綻させます。今まで築き上げてきた関係を、たった数万円のお金で失くしてしまう悲しい事です。そうならない為にも金利を安く抑えたり、無利息のサービスなどを利用し賢くなるべくリスクを減らして自分で、なんとかするようにしましょう。

キャッシングの金利は法律で決められた枠の中でしか設定されない

キャッシングの金利がどこも似たり寄ったりなのはご存知の事ともいますが、それは利息制限法と言う法律により上限の利息が決められているからです。金融会社はその法律の範囲内で独自に設定しているので、似た中でも違いが出るようなサービスを展開しています。ではその利息制限法とはどのようになっているのか見てみましょう。

まず上限利息ですが、10万円未満の貸し付けには年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上は年15%までとなっていて、その上限を超える利息分は無効となります。無効とは払わなくて良いという事です。それでも以前は25%以上の利息で契約する消費者金融会社がほとんどでした。それは利息制限法に違反しても罰則規定が無かったからです。さらに出資法による制限の29.2%の利息が認められていて、その法律を盾に改められることは有りませんでした。

この利息制限法と出資法の間の利息の差の部分が「グレーゾーン」と呼ばれるものです。出資法には罰則が有り、この上限利息jは守られていたようですが、その出資法を有効にする為には「債務者が自主的に支払った」という大前提ががあります。今、盛んに行われている過払い請求はそのグレーゾーン金利分を過払いとして返却を求める請求です。裁判でも出資法の大前提が認められることはほとんどなく、請求が通る事が多いようです。

現在では出資法の上限利息も利息制限法と統一され、それにより金融会社の利息も似たり寄ったりになっているのです。万が一その事を知らずに、上限利息を超える契約をしてしまったとしても、その契約自体が無効となりますので、上限利息以上の金利を払う必要はありません。それでもしつこく請求されるようなら弁護士か司法書士に相談してください。それで請求されることはなくなります。

キャッシングには金利枠があり低金利の会社もあります

カードローンを使ってキャッシングする時に、どれくらいの金利で借りてるのか把握しているでしょうか?カードを申し込む時には金利を気にして、どこに申し込むか悩む人は多いでしょうが、実際カードを利用する時には、ほとんどの方は何も考えずに「必要だから借りるんだ」と使ってるのではないでしょうか。返済時にも月々これだけ返済すれば良いと漠然と支払っている方がほとんどでしょう。頭の片隅では金利が含まれている事は分っていても、それを実感しながら支払ってる人は少ないように思います。

「どこのカードローンも同じだろう」と諦めている人もいるかもしれませんが、よく思い出してください。カードを申し込む時には、どこの金融会社が金利が安いのか調べたはずです。中には一番最初に目についた所に申し込んだという人も少なからずいるでしょうが、金融会社によって設定された金利は違うのです。そしてその金利の幅の違いは数%にも及ぶのです。どうせ利用するなら金利の少ない方がお得なのは当然で、条件さえ揃えばかなりの低金利で利用できるところも有るのです。

ではここで数社の金利を比較してみましょう。消費者金融系のアイフルの金利は4.5%~18.0%です。同じくプロミスは実質年率4.5%~17.8%の金利枠となっています。銀行系カードローンの三菱UFJ銀行カードローンは1.8%~14.6%。みずほ銀行カードローンは年2.0%~14.0%の金利枠となっています。(※住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。)

このように最低金利で2%弱、最高金利だと4%もの差があります。

どうでしょう?これだけの差が有れば、やはり金利の低いカードローンを利用した方がお得なのではないでしょうか。ただし各社申し込み時の審査基準やサービスに違いが有りますので、その事は理解しておきましょう。消費者金融系の中には1週間以内の返済ならば無金利で何度でも利用できると言うサービスを行っている所もあり、一時的にしか借りないで良いという人は、そう言う所を選んだ方がお得になります。

キャッシングの利用は金利を計算して計画的な利用を

急に現金が必要になり、持ち合わせがない時に便利なのがキャッシングです。ATMで簡単に借りる事ができるので、利用する人も多いでしょう。しかしそのお金はカード会社から借りてるという事を忘れてはいけません。借りてるのですから当然利息を支払わなければならないのです。ですから自分が借りた分にどれくらいの利息が掛けられ、支払い総額がどれくらいになるのか位は把握するようにしましょう。

カードローンを申し込んだ時に審査され、利用可能枠と利息を決定しカードが発行されます。ですからそのカードを使うと何%の金利を払うのかは最初から分かるようになっています。そして借りた額により毎月の支払額も決定しますので、何回払いになるのかも、おおよそは分かると思います。それらを踏まえて計算すれば、毎月金利をいくら払ってるのか、元金をいくら支払ってるのかも把握する事ができます。そうすると利用枠がどれくらい残ってるのかも分かるようになります。

現在、クレジットカードやカードローンの請求書を経費削減や資源保護の目的で、毎月送らないようにしてるところが多くなっています。その代りインターネットを使いカード会員の利用状況を確認できるようにしていますので、自分の利用残高や利用可能枠の状況なども見る事ができます。計算するのが面倒な方は、この方法で自分の利用状況を把握するようにしましょう。

なぜ把握できた方がいいのかと言うと、そうする事で計画的に利用できるからです。最初にも書きましたが、ATMで引き出しても、そのお金はあなたのものではなく、カード会社から借りてるお金なのです。「借金も財産」と言われますが、そんな財産は少ないに越したことはないのです。金利分を余分に支払わなければならにのですから、無駄な借り入れをしないで済むように、しっかりと把握しておきましょう。

キャッシングの金利を安くする方法が有ります

キャッシングした場合、支払う時には金利を含めての支払いになるのは周知の事実です。ローン会社は営利を目的とした企業なのですから当然です。ですが支払う方は、少しでも少なく支払いたいというのが本音でしょう。利息制限法が施行される前は年30%近い金利を支払わされてましたが、施行後は高くても18%位とかなり低く設定されていますので、かなりお得になったような気がします。

現在のキャッシングの金利枠は4%位から18%位の枠が用意されていて、利用可能額により設定されます。利用可能額は申込者の信用度によって決定されます。総量制限により年収の1/3までと決められていますので、年収がどれくらいあるのか?どのような職業についているのか?クレジットの利用状況はどうなのか?などが審査され与信額としてカードの内容が決められます。

カードローンの場合利用可能額が10万円~800万円(各社で内容は違います)と広い幅があります。そしてその幅の中で決定した利用可能額により利息も決まってしまいます。50万円なら18%、300万円なら12%、800万円なら4%といった感じになります。要するに信用度が高ければ、与信額も上がり、金利も低いというわけです。これに矛盾を感じるのは私だけでしょうか?

余談になりますが、金融会社にとって、それらは当たり前なのでしょうが、年収の高い人がキャッシングの必要があるとは思えませんし、もし借りたとしても金利が高かろうが低かろうが、返済に困る事はないと思います。反対に年収の低い人は咄嗟に必要だから借りるという人が多く、金利が高いと返済に苦労するようになります。ですから可能枠の低い人にこそ低金利で利用できるようにするべきなのではないでしょうか。これは利用する立場としての意見ではあります。

これらを踏まえて、金利を低くする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら分ったのではないでしょうか。実際にこのようにして申し込む人が多いので紹介しますと、カードローンの申し込みをする時に、年収の1/3ぎりぎりいっぱいで申し込むのです。年収450万円なら150万円。600万円なら200万円。900万円なら300万円で申し込み、審査で満額通ればそれだけ金利が低いカードを手にすることができます。だからと言って全額利用しなければならないわけではありません。10万円でも20万円でも必要な分だけの利用ができます。また最高利用可能枠が300万円で最低金利7%位のローン会社も有りますので、そちらを申し込めばその会社の最低金利で利用できるようになります。

どうでしょうか?考え方次第で低金利のカードローンを手にすることが出来るのです。自分の年収とカード会社の設定を比較し、検討する事さえ怠らなければ、より有利な条件でキャッシングできるのですから、しっかり調べるようにしましょう。

おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ