TOP画像

キャッシングをリボ払い返済にすると借り過ぎる可能性が有る

キャッシングの支払い方法で多く使われているのがリボ払いです。今では一括払いを廃止し、リボ払いだけのカード会社も存在します。それは一括払いだとカード会社の利益が少ないからで、リボ払いにして収益を上げるのが目的だからです。そして利用者にとってもリボ払いでの返済の方が解り易く、無理のなく返済できて納得する人も多いのです。

しかし、それが逆に使い過ぎてしまうという怖さでもあるのです。最初にキャッシングする時は、だれしも緊張するものです。それはキャッシングと言うのは借金すると言う事だからで、だれかにお金を借りると言うのはやっぱり嫌なのです。しかし1度経験してしまうと、その簡単さから「こんなものなのか」とタカを括ってしまい、限度額一杯まで借りてしまう人が多いのも事実です。そして数回支払い数万円の枠が出来た時にはまた借りてしまう。それがキャッシングの怖さです。

リボ払いというのは、なかなか元金が減っていきません。ですから先のような事を繰り返すと、延々と支払わなければいけなくなってしまうのです。そうならないよう、絶対に必要な分しか借りないんだという強い意志と、計画性が必要です。ここで心配されるのは万が一借り過ぎてしまったら、カードはどうなるんだろう?という心配ではないでしょうか?

受け取ったカードの限度額は、受け取った人に与えられた与信額なのですから、たとえ限度額一杯まで使ったとしても、返済が滞りなく支払われていれば、カードが利用できなくなると言う事はありません。ポイントが付くカードなら利用した分のポイントは貯まっていきます。カード会社にとっては願ってもないお客様と言う事になるわけです。

しかし支払いが何度か滞るようだと、印象は悪くなります。最悪、カード利用停止などの処置がとられる可能性もあります。利用停止になったんだから支払わなくてよくなる。なんてことは絶対に有りません。カードが無くなっても、完済まで支払い続けなけらばならないので注意してください。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ