TOP画像

キャッシングした場合の返済で繰り上げ返済とは?

カードローンでキャッシングすると、毎月指定日に口座から自動引き落としで返済されていきます。テレビCMなどでATMからいつでも返済が出来ると言ってますが、それは自動引き落としと別に支払う時のこと言っています。その事を「繰り上げ返済」と言って、残高全額を支払う事を「全額繰り上げ返済」、一部を返済する事を「一部繰り上げ返済と言われています。

どういう事か言うと、臨時収入や、ボーナスなどでお財布の中身に余裕が有る時、ATMや振込により、一部もしくは全額を支払う事が出来るのです。そして自動引き落とし以外に支払う「繰り上げ返済」にはメリットが多く、デメリットはないのです。メリットとは別口で支払う事による、元金自体を減らすことが出来るので支払回数が少なくなり、利子も軽減でき支払い総額自体を縮小できる、一石二鳥の支払いなのです。

ただ注意したいのは、いつ繰り上げ返済するかです。ローン会社には支払い日と他に締め日と言うのが有ります。例えば15日締め日で翌月10日支払いだとすると、15日以降は翌月の金利を含めた支払額が確定してしまいます。どういうことかと言うと、15日以降に繰り上げ返済しても、翌月の返済額が決まってますので、その間に繰り上げ返済しても翌月の支払い分には何も影響しないのです。ですから繰り上げ返済が、すぐに効力を発揮する為には、支払い日の翌日11日から次の締め日の前日の14日までに繰り上げ返済する必要があります。

ただし、その場合の金利の差額は、ごくわずかです。それ位は気にしないと言う方は、いつでも自由に繰り上げ返済してくださし。そして少しでも少なくと考える人は、返済日から締め日の間に繰り上げ返済する事をお奨めします。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ