TOP画像

海外キャッシングした場合の繰り上げ返済について

海外に行ったとき、日本から両替して持って行くのはチョット。と言う人は、クレジットカードやカードローンで現地でキャッシングする事が出来ます。その時々で必要な分だけ引き出せば、安心できるのではないでしょうか。そして支払は帰国してからという事になります。ただその場合、利息以外の為替手数料も掛かることは知っておきましょう。為替手数料は仕方ないとして、何とか金利を少なくしたいと思う人は多いでしょう。

海外でキャッシングしたのが月初めの1日だとして10万円を引き出したとしましょう。カード会社の締め日が15日で支払い日が翌月10日だとすると、1日から翌月10日分までの40日分の金利が掛かってしまいます。金利18%だとすると、1日あたり0.049%なので1日49円で40日だと1960円になります。これを減らそうと言うのですから、話は簡単です。日数を減らせば良いのです。

方法はカード会社へ連絡して、繰り上げ返済する事を告げ、計算してもらってください。告げられた金額をATMで返済するか、もしくは指定口座へ振り込むだけで手続きは終了します。ですが先の計算で気になるところが有ります。それは締め日です。15日が締め日なのでそれ以前に連絡しないといけないのです。15日を過ぎると結局40日分の金利が確定しますので、それ以前、帰国してすぐに連絡するようにしましょう。5日帰国なら6日には連絡して手続きすると、6日分の金利を払うだけで済むのです。この場合294円です。

いかがでしょう?海外でキャッシングした場合でも繰り上げ返済が可能ですから、使わない手はありません。キャッシングする場合は常に、どうしたら得なのかを考えるようにしましょう。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ