キャッシング

絶対にダメ!闇金融キャッシングに手を出すと人生が破滅する

もうどこからもお金が借りられない。どこから借りて良いか分からないから適当に選んだ。そんな時に手を出してしまいがちなのが闇金融です。

闇金融は他からのお金借りることが出来ない人に対して、違法な金利で貸し付けている会社の事です。よく聞く10日で1割といわれる「トイチ」や10日で3割といわれる「トサン」など利息が元金を、あっという間に追い越して行きます。

「闇金ウシジマくん」というマンガがあります。闇金融の世界をリアルに描写しているマンガです。こういったマンガや昔の映画やドラマである取り立ての描写は、偽物だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。闇金は違法です。違法な会社が法律に沿った返済方法をするでしょうか?

闇金で借りて返せなくなるというのはマンガや映画の世界が現実になるという事だと強く認識しなければいけません。

多重債務者で他から借りれないという方は、弁護士と相談し自己破産するというのも1つの方法です。自己破産すると新たにローンや借入が7年間できなかったり、不動産などの一定の財産を失ったりします。また移転や旅行の制限なども受けます。しかし自分の背負っていた借金は0になります。

闇金融に手を出して人生自体を破滅させるか。自己破産して人生をやり直すか。長い人生良い事も悪い事もあります。闇金融などには絶対に手を出さず、自分の人生をリセットしてやり直す方を選びましょう。

何も知らずに考えずにキャッシングをしようと思っている方は、よく検討しましょう。一歩間違って変なところに手を出すと、多重債務者でなくとも人生を破滅させる事にもなりかねません。大事なお金だからこそ借りる時は、しっかりと検討してから借りましょう。そして返済できる金額を借りる。その事を忘れずにキャッシングしましょう。

複数の借入があるならキャッシングの借り換えこそが返済の最短ルート

複数の会社から借入があり毎月、返済に追われている方もいらっしゃるかもしれません。そういった方はキャッシング会社を1つにまとめる借り換えがオススメです。

複数の会社から借りていると金利が高くなっている可能性があります。1つにまとめると自分の借入金の総額を知る事ができます。また総額によっての計算になるので金利も安くなります。

そして何よりも、返す会社が1つで良いという安心感があります。いくつもの会社からの返済に追われているという、強迫観念にも似たものから解放されまし返済日も1回になります。1つの会社へじっくりと着実に返していく事ができ、心に余裕が生まれる事でしょう。

また借り換えは、収入の3分の1以上の借入はできないという総量規制の対象外となります。複数の会社から借りて、他にもう申込ができないという方にも大丈夫です。

借り換えをした場合、1つ注意点があります。それは借り換えをして1つにまとめた会社以外のキャッシング会社と解約、またはカードを破棄するようにしましょう。せっかく1つにまとめたのに手元にあると、また使ってしまう恐れがあるからです。一度1つにした借入金です。また同じ失敗を繰り返さないためにも、必ず実行しなければなりません。

キャッシングすること自体は、何も恥ずかしい事ではありません。ただ返済できずに滞ってしまうと、今後の人生に様々な支障が出てきてしまいます。多重債務者に陥らない為にも、複数の会社から借入金がある場合は、借り換えをして1つにまとめましょう。そして、地道に返済していく事が重要です。

鎬を削る消費者金融業界。正しく選んで安全にキャッシングを

キャッシング会社は様々あり、それぞれによって特徴が異なります。銀行系のキャッシング会社は金利が安いのですが、審査に時間がかかり必要書類も多くなってきます。消費者金融は審査が緩く即日融資も可能ですが、金利が高く設定されています。ご自分の目的や状況に照らし合わせて選ぶようにしないといけません。

消費者金融というと、あまり良いイメージは世間で持たれていないかもしれません。昔はサラ金と呼ばれ多重債務者になるとか自己破産に繋がると敬遠されていましたが最近では、そのイメージも変わってきています。

ゴールデンタイムでもTVCMが流れ、顧客のニーズに合わせた商品を作りキャッシングの垣根を下げようと努力しています。例えば消費者金融のネックとなっている金利の高さ。これを軽減しようと1カ月無利息などの期間を設けたりしています。

学生が借りやすいように金利を低く設定したサービスもあります。また女性が借りやすいように、オペレーターや営業マンなど全てを女性が行うレディースプランを行っている会社もあります。

やはり金利が安い銀行系のキャッシングが人気があるせいか、消費者金融の業界は死に馬の目を抜くような厳しい世界です。限られたパイを取り合う為、たくさんの会社が鎬を削っています。そんな中で少しでも利用客を増やそうとした結果、新たなサービスが生まれてきているのです。

しかし、そこで重要になってくるのはキャッシング会社の選び方です。大事なのは、怪しい名前も聞いた事もないような会社を選ばない事です。

審査が甘かったり、限度額が最初から高く設定されているところなどは危ないので避けるようにしましょう。闇金融の可能性が高くいつの間にか返せない金額になっている事があります。

消費者金融は非常に便利ですが、使い方と選び方が重要になってきます。自分の大切なお金です。賢く借りてきちんと返すを基本に自分の生活をより良いものにしましょう。

キャッシングの限度額は人それぞれ。借りる額は身の丈にあった金額を

キャッシングの限度額は、その人の収入や仕事、信用度によって大きく違ってきます。他からの借入金が多かったりすると必然と限度額も減ってしまいます。また、総量規制という法律があり、収入の3分の1以上の借入はできないようになっています。その点などを考慮してキャッシング会社が審査を行い限度額を設定します。

限度額は、50万から500万と幅広くあります。公務員など安定した仕事についていれば貸し倒れに心配もないと判断され、初回からでも多額の限度額が設定されます。

逆に収入が多くても不安定な仕事だと、限度額も低くなってしまいます。初回の限度額が50万円でも、きちんと返済をし実績をあげる事で限度額が増えていきます。

金利に関しては借入金が低ければ低いほど金利が高く、また借入金が高ければ高いほど金利が安くなっていきます。これは会社側が安定した利息を得るために設定したもので、きちんと返済を続けていると金利が下がる事もあります。

各社によって審査が違うため一概には言えませんが、勤務先の勤続年数が短いと審査に落とされる可能性があります。また他からの借入金が多かったり、ブラックに載っていたりすると審査に通らない可能性が高くなります。

キャッシングの限度額が多いからと言って油断は禁物です。自分の収入と支出を、よく考えて利用しないとあっと言う間に限度額に達してしまいます。自分の返済できる金額を計算して利用するようにしましょう。

便利になったキャッシングの返済は計画的に、うまく利用しよう

借りたお金は返さないといけない。当然の事ですが、お金がない状況があったからこそキャッシングをしたわけで、それが多額の借入となるとそうそう早期返済も難しいと思います。

キャッシングの返済は基本的に大きく分けて2通りです。1つは毎月決まった額、もしくは借入金に応じて、指定した銀行口座から引き落としされるものです。利息+元金が引かれるので、元金自体も少しずつではありますが減っていきます。借入金が多額だと利息だけが引かれて、ほとんど元金が減らないという状況もありえます。

指定口座から引き落とす場合、返済期日に口座にお金がない時があります。この場合、翌月にまとめて引き落とされるか、指定の口座に振り込むよう指示されます。この引き落としが出来ない延滞の状態が3カ月続くとブラックに載ってしまうので注意が必要です。

2つ目はATMなどで、決められた額を入金する方法です。こちらはキャッシング会社によって違いますが、ATMで決められた日にちまでに借入金の額に応じて返済するものです。会社によっては全国の銀行ATMやコンビニに設置してあるATMで返済ができるため、非常に便利な返済方法です。ただこちらは、時間や場所によっては手数料を取られる事があります。

大きく分けると2つですが、両方ともに臨時の返済を受け付けている会社もあります。今月は多めに返したいと思えば随時、返済ができます。ボーナスが入ったから一括返済したいというのも可能です。

小額の返済なら一度に返し利息を少しでも抑えるようにしましょう。無駄な出費は、減らす事が大事です。多額の借入金があるなら毎月、着実に減らしていきましょう。きちんと返済できるか自信がない方は自分にプレッシャーをかけるのも1つの方法です。

例えばブログに借金の返済日記を綴り、他人が自分の返済状況を見ているという状態になれば、否が応でも返そうと思うはずです。そこまでできないという方は家計簿を作り、収入と支出のバランスを考えながら返済するようにするべきです。多めに返せそうな月があれば返済して、少しでも借入金を減らすようにしましょう。

決められた返済日を守り確実に借入金を減らす。地道ではありますが、これがキャッシングの返済の重要なポイントとなります。

キャッシングでブラックに載ってしまうと今後の人生に影響が出る

ブラックに載ってしまって、お金が借りられない。よく耳にする言葉ですがブラックとはどういう意味なのでしょうか?

銀行のローンや消費者金融からのキャッシング、クレジットカードのローンなどを利用した際に、その返済日までに支払いが滞ってしまうとブラックに載ると言われています。ブラックは、事故・異動・延滞情報とも呼ばれ個人信用機関に登録される事を言います。ブラックにも程度があり支払い延滞などの軽度のものから、自己破産や債務整理などの重度のものまであります。

このブラックに一度載ってしまうと様々な制限がついてしまいます。まず新たに消費者金融やキャッシング会社との契約が、できなくなる可能性が高いです。延滞などの記録があり、ブラックに載ってしまうと信用性がなくなり、審査が厳しくなってしまいます。またクレジットカードも同様に作れなくなる可能性が高いです。

他にも多額のお金が必要となる住宅購入ローンや、マイカーローンも審査が厳しくなってしまいます。ブラックの程度にもよりますが、銀行からの大口の融資は難しくなるでしょう。

ブラックの掲載期間も程度によって異なりますが軽度のものだと6~7年。重度のものだと、10年以上もブラックから名前が消える事はありません。審査の段階で大手銀行だけに限らず中小の消費者金融までブラックは確認するので新規のカードの作製は難しいでしょう。既存のカード内でやりくりするしかなくなってしまいます。

お金を借りたり物を買ったりしたら必ずお金を払う。小学生でも知っている常識です。制限が長期に渡ってかけられうブラックに載らない為にも、毎月の返済日の確認や口座引き落としにしているならその日も忘れずに覚えておき必ず入金するようにしましょう。

無職でもキャッシングできる方法も。借りれても返済は絶対必須

基本的に職に就く、またはアルバイト・パートなどで収入を得ていない場合、審査が通らずキャッシングをする事は出来ません。当然、無職の人は、キャッシングでお金を借りる事ができないのです。主婦も無職ではありますが、旦那さんが定職に就いている場合は借りれるケースが多いです。

職についていようと、いまいとお金は必要です。特に無職となれば必要でしょう。働くのは時間がかかるから無職だけど、お金を借りたい。そんな方にも方法はあります。

キャッシング会社の審査というものは、その人にお金を貸して返ってくるかを検討する事を言います。つまり仕事があって給料を受け取れる環境に、あるかどうかが重要なのです。

まずは派遣会社に登録しましょう。審査の際に派遣会社に連絡が行きます。そこで在籍の確認が取れると働いているという証拠となり、審査に通りやすくなります。もちろんアルバイトでも結構です。アルバイト先に電話が行き在籍の確認が行われます。実際に働いていなくても、在籍さえしていれば審査に落ちる要素が1つ減るわけです。もしその気があったら、そこで働いて無職から抜け出す事も可能となります。

また会社や営業マンによっては、厳密に在籍確認等を取らない事もあります。無職でお金を借りようと思ったら、1社では諦めずに何社か申込むようにしましょう。

借りる時に注意する事もあります。審査がなかったり、すぐに貸してくれる会社。名前も聞いた事もないところは怪しいです。闇金融や違法な会社の可能性があるので、そういうところでは絶対に借りないでください。取り返しのつかない事になり、人生の破たんに繋がります。

あくまでも裏技と言いますか、緊急避難的な方法です。その場はしのげても、収入がなければ借りたお金は、すぐに無くなってしまいます。働くまでの場つなぎだと認識しましょう。

専業主婦はキャッシングできない!?そんな事はないのでご安心を

キャッシングでお金を借りる場合、基本的に収入がある方に限られます。それは総量規制という収入の3分の1以上の借入は出来ないという法律で決められているからです。無職の人はもちろんの事、専業主婦の方もこれに当てはまり、収入がないため借入はできない事になっています。

しかし、専業主婦の方はキャッシングで、お金を借りる事はできないという事ではありません。銀行系のキャッシング会社なら総量規制の対象外となり、借入が可能なのです。旦那さんの収入を証明する物も必要ありません。自分の身分を証明する物を持って行くだけで借入が可能です。

今月は急な出費があって、旦那の給料だけではやりくりできない。長く主婦をやっていると、そういった状況に陥る事もあるでしょう。子供の為に貯金は、なるべく崩さずにやりたい。そう思ってる方ならキャッシングでお金を借りて次の月に返したり、早期での返済をすれば大して利息もつきません。

主婦の方でも、パートやアルバイトで働いて収入を得ている方は別です。正社員でないとはいえ、きちんとした収入があるので借入は可能かと思われます。

主婦の方で一番恐れているのは旦那さんや周りの方に、キャッシングしている事を知られる事でしょう。契約を店頭ではなくインターネットや無人契約機で受け付けている会社もありますし、書類等もメールや会員専用ホームページで送付しているところもあります。また利息無料期間が設けられているところもあり、早期返済をすれば全く損をすることなく借りる事もできます。ただ返済が遅れる督促状や電話が来て、旦那さんや周りの方に知られる可能性があります。

専業主婦の方は旦那さんの収入をきっちりと把握し、返済が可能な額の範囲内で借りるようにしましょう。

キャッシングとカードローン。違いを知って目的に合わせて借りよう

キャッシングとカードローン。似ているようで本当は、意味が異なる言葉なのです。両方とも無担保で使途無制限ですが、借入金の返済方法が異なります。

キャッシングは一括返済を前提としたお金の融資です。例えば10万円借りたとしたら翌月10万円+利子を払わないといけないというのがキャッシングです。短期の融資になりますので、その分会社の利益を出すために金利が高くなります。

カードローンはリボルビング払いなど、長期返済を前提としたお金の融資です。10万円を借りたとしたら「月々1万円を10カ月かけて返す」といったものです。長期に融資している為、利益を安定して得る事が出来るので金利が安く設定されています。

本当の意味は違う両方の言葉ですが最近では境界線が、曖昧になっています。キャッシングでも一括返済ではなく、分割での返済が主流となっています。またカードローンもローンという言葉がネックになっていてキャッシングと変えているところもあります。

これはローンだと住宅ローンやマイカーローンなど使途が制限されているローンとごっちゃになって、利用者が二の足を踏んでしまうからです。

線引きが曖昧になってきている二つの言葉ですが明確な違いが「カードローンは安く、キャッシングは高い。」という金利の違いです。

どちらも長所短所があります。金利が高くても、すぐにお金が必要な方は即日融資が可能なキャッシングを選んで早期返済をした方が良いでしょう。まとまった額を借りて、長期で金利を安く抑えて返済していく計画を立てている方ならカードローンの方はお得です。

その違いを理解し、自分の目的と照らし合わせて、お金を借りる時は、なるべく損をしないように借りるようにしましょう。

早くお金が欲しいなら、ちょっと立ち止まろう。賢く借りて利息0に

すぐにお金が必要になる事は多々あると思います。急に事故を起こした、病気で入院する事になった。そんな重大な事だけではありません。欲しい物が見つかった、後輩を飲みに連れて行った。こういった個人的な事まで、急にお金が必要となる事があります。

貯金があれば、それを崩して使えば良い事です。しかし、日々の生活にいっぱいいっぱいで貯金なんかない。そんな方もいらっしゃるかと思います。どうしてもお金が必要であれば、借りるしかありません。親兄弟、友人等を頼ると場合にもよりますが、関係が破綻してしまう可能性があるので、なるべく避けましょう。自分の事は自分でなんとかする。そんな方はキャッシングでお金を借りましょう。

すぐにお金が必要なら、スピードキャッシングで即日融資可能な会社を選ぶようにしましょう。銀行系や信販系のキャッシング会社では審査が遅く、また必要書類も多くなってしまいます。スピードを売りにしているところを探しましょう。

スピードキャッシングでは、早さを重視しているので審査が甘いところが多いです。ちゃんと仕事に就いていれば、他にローンを組んでいたとしても貸してくれる可能性が高いです。また、対面方式ではなく無人契約機やインターネットで契約が可能な為、お店に行く時間がない人にも対応しています。免許証などの身分証明書を持っていれば、ものの30分でお金が借りれる事でしょう。無人契約機を使わずインターネットで契約した場合、カードの発行が後日郵送になる事もあります。その場合、指定口座への振り込みもしてくれるので、すぐにお金を手にする事ができます。

ただ注意点もあります。まずは銀行系の会社と比べて、金利が高いという点です。30日間無利息などのキャンペーンを行っている会社もありますが長期返済となると金利が高く、利息がどんどんと増えていってしまいます。また審査が甘い分、借入限度額も低く設定されています。最高300万とうたっている会社でも、50万ぐらいが初回の限度額となるでしょう。そして一番注意しなければいけないのが怪しい会社が多いという点です。

TVCMや雑誌に載っているような会社は安心ですが、名前も聞いた事のないような会社は避けた方が無難でしょう。闇金融の可能性が高かったり、違法な会社だったりする事もあります。

すぐにでもお金が必要となった場合でも必ず一呼吸置いて、よく考えてからお金を借りるようにしないと後々、困るのは自分という事になります。

おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ