TOP画像

キャッシングで行われる審査では、どこに注目されるのか?

 キャッシングサービスを受けるためには、契約する会社の審査を受けて、その審査を通過する必要があります。行われる審査のだいたいの内容は、「自社に既に申し込んだことがあるか」「信用情報機関に借り入れ記録があるかどうか」「申込者の年齢や年収、過去の借り入れ経験など」が調査され、借り入れを許可するかどうか、許可するとしたらどれだけの額を融資するのか、などが判断されます。審査に通過することで、契約書類とキャッシングカードが送付され、そこからはじめてATMなどでキャッシングサービスでの借り入れ手続きに移ることが出来るのです。

 新規にキャッシングを申し込むにあたって記入しなければならないことは、自分のこと、家族構成、住居環境、職業や勤務先について、といったことに加え、消費者金融をどれだけ利用しているか、というようなことも必要になります。審査を受けるには、自分の個人情報をすべて開示するつもりで望まなければなりません。審査で記入することは、どれもすべて審査に影響を与えるものだということを理解しておきましょう。審査の項目は、どの消費者金融会社であっても、あまり大きな違いはありません。業界では、記入される項目のひとつひとつを、「属性」と呼ぶこともあるようです。属性には、重視される属性と、そうでない属性があります。例えば、その人の名前だけでは、その人がどういった人間なのかということは判断できませんが、そこに年齢が加わった場合、ある程度の推測をすることができるようになるということです。ですからこの場合では、「年齢」は重視される属性、「名前」はそうでない、それほど重視されない属性ということになります。

 このように、重視される属性というものは、その人がどういう人であるのかがよくわかるものであること、また確証が持てる属性というものになります。そういったものは、審査でも重視されることが多いようです。直接の年収というよりは、その人の収入の度合いが推察できるような属性も重視されるようです。年齢や、職種、居住年数といったものです。重視される属性とは、必ず確証が取れる、というものに限ります。逆に、確証のないものについてはあまり重視されません。自己申告のみで、裏付けのないようなものは、重視されることはないのです。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ