TOP画像

キャッシングの審査基準では、既婚者よりも独身者が優先されやすい?

 キャッシングサービスを利用するためには、利用する会社の審査を受け、その審査に通過する必要があります。そういった審査の中で、利用者のどういった部分が判断されるのでしょうか。融資を許可するかしないか、その基準はどこにあるのでしょうか。

 融資をする金融会社側は、審査の申込者の情報を判断します。判断されるひとつひとつの項目は、「属性」と呼ばれることがあるようです。自分のことや家族のこと、仕事のこと、居住地などを判断していくのです。属性はいくつもありますから、当然重視されるものとそうでないものというのが生まれきます。特に重視される属性というものには、年齢や職種、居住年数など、その人の収入レベルを判断できるものがあります。収入レベルが判断でき、さらに確証がとれるものに関して、特に重視される属性ということができます。

 その中で「年齢」については、キャッシング会社は基本的に、メインの利用者を20代から30代としていますが、その中でも独身の方を重視しているのです。実社会では独身者よりも既婚者の方が信用があるのですが、キャッシング会社としては、既婚者よりも使えるお金が多いと判断するため、独身者のほうが優遇されるということがあるのです。また、年齢は上になればなるほど審査には厳しくなっていってしまいます。キャッシング会社のほうで、ある程度の年齢になっているのに貯金などがないのはおかしいと考えられてしまうためです。住宅ローンを抱えている場合などもあるので、契約をするかどうかの判断には慎重になりがちなのです。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ