キャッシング

キャッシングでブラックに載ってしまうと今後の人生に影響が出る

ブラックに載ってしまって、お金が借りられない。よく耳にする言葉ですがブラックとはどういう意味なのでしょうか?

銀行のローンや消費者金融からのキャッシング、クレジットカードのローンなどを利用した際に、その返済日までに支払いが滞ってしまうとブラックに載ると言われています。ブラックは、事故・異動・延滞情報とも呼ばれ個人信用機関に登録される事を言います。ブラックにも程度があり支払い延滞などの軽度のものから、自己破産や債務整理などの重度のものまであります。

このブラックに一度載ってしまうと様々な制限がついてしまいます。まず新たに消費者金融やキャッシング会社との契約が、できなくなる可能性が高いです。延滞などの記録があり、ブラックに載ってしまうと信用性がなくなり、審査が厳しくなってしまいます。またクレジットカードも同様に作れなくなる可能性が高いです。

他にも多額のお金が必要となる住宅購入ローンや、マイカーローンも審査が厳しくなってしまいます。ブラックの程度にもよりますが、銀行からの大口の融資は難しくなるでしょう。

ブラックの掲載期間も程度によって異なりますが軽度のものだと6~7年。重度のものだと、10年以上もブラックから名前が消える事はありません。審査の段階で大手銀行だけに限らず中小の消費者金融までブラックは確認するので新規のカードの作製は難しいでしょう。既存のカード内でやりくりするしかなくなってしまいます。

お金を借りたり物を買ったりしたら必ずお金を払う。小学生でも知っている常識です。制限が長期に渡ってかけられうブラックに載らない為にも、毎月の返済日の確認や口座引き落としにしているならその日も忘れずに覚えておき必ず入金するようにしましょう。

キャッシングする時は審査が、しっかりしたところで借りよう

今月は出費が多すぎて・・・。突然の出費が!でも手持ちのお金が少ないし貯金は定期にしてるし・・・。親兄弟や友達には頼りたくない。自分でなんとかするしかない。そんな方にはキャッシング会社でお金を借りるのがオススメです。

昔はサラ金という名で怖いイメージのあったキャッシング会社ですが最近では、TVCMも流すほど世間に浸透しています。薄暗い場所で、怖い人が出てきて暴利な値段でお金を貸し付け返せないと酷い事になる。そんな映画みたいなのは、遠い昔です。無人で誰にも会わずに契約出来る会社もありますし、ネットのみで契約できる会社もあります。当然、対面で契約する会社もありますが、奇麗な所で全員スーツで爽やか女性の方もいる。そんな会社がほとんどです。

初めてお金を借りるので、どんな事をするのか不安。そんな方もいらっしゃるでしょう。契約自体は非常に簡単です。まず第一にあるのが、必要事項を書いて申し込み書を書く。その後にあるのが審査です。

審査と言うのは、その人のお金を貸して大丈夫かどうかを調べる事です。収入や現在の勤務状況、これまでのお金の借り入れ状況などを確認し、限度額などを決定します。

普通の方なら全く問題なく、審査を通過すると思われます。現在、無職だったり他の会社からの借り入れ状況や、これまでローンの支払いが滞っていたりすると審査に通るのも厳しくなったりします。しかし、この審査こそがキャッシング会社を選ぶうえで、大事なポイントなのです。

厳しくチェックして審査してくれるからこそ、返せると判断されるのです。ろくに審査もせずに貸しつけている会社は、あなたが返せないような額でも貸しつけます。すると返せなくなり、気づけばありえない金額になっている事もあります。

キャッシングと言えば聞こえは良いですが、つまるところ借金です。滞納すれば雪だるま式に増えていき、自己破産するしかないという事にもなりえます。

お金を借りる必要がある。それでも必ず考えないといけないのは、無理のない返済をし、借りた金は必ず返すという事を念頭に置いて下さい。だからこそ返せる額を、しっかりと審査して貸してくれる会社を選びましょう。

アルバイトをしていたらキャッシングの利用は不可能?

アルバイトで収入を得ている人は、キャッシングを利用するのが難しい、といわれています。なぜなら、アルバイトは、正社員に比べて安定した収入が見込めないからです。キャッシング会社が審査を行う際、その人の収入と、信用は必ずチェックされる項目です。

では、アルバイトで収入を得ている限りキャッシングは利用できないのか、と言うとそんなことはありません。審査の時点では確かに多少は不利になりますが、かといって借りることができない、ということはないのです。アルバイトでも、ある程度安定した収入があると判断されれば十分に借り入れは可能です。また、保証人の有無や固定電話の有無などによって、信用が問われますので、それらの用意があれば、さらに可能性は高まります。

もし、あなたが学生や主婦であれば、学生ローンやレディースローンを利用するのも一つの手段です。借りることのできる額は制限されますが、パート、アルバイトで収入を得ている場合でも、比較的容易に審査を通過することができます。

どうしてもお金が必要になる局面というのは、人生において度々遭遇するものです。そんな時、たとえ定職がなかったとしても、「審査なし」などを謳い文句にした、あまり信用のおけない会社でキャッシングを行うのは避けた方が賢明です。たしかに、スピーディに融資を受けることができるかもしれませんが、金利の高さゆえに、返済は困難になります。

アルバイトで収入を得ていても、大手のキャッシング会社で借り入れを行うことは可能です。最近は審査もかなりスピーディに行ってくれるため、急な用件であっても対応してくれます。キャッシングを行う際は、くれぐれも信用面を重視して、会社を選びましょう。

無職からキャッシングを利用するにはどうすればよいか。

どうしてもお金が必要になった・・・でも職業についていない・・・あまり考えたくない事例ですが、無職の場合でも果たしてキャッシングは受けられるのでしょうか。

結論から言うと、丸っきりの無職者であった場合、キャッシングをすることはかなり厳しいです。不可能と言い切っても良いかもしれません。まずはスピーディに受けられるネットの審査などで試してみるのが良いと思われますが、収入がゼロでは返済能力なしと見込まれてしまいます。学生であったり、主婦であったりすれば、学生ローンなどの専用のキャッシングサービスを利用することで借り入れは可能になるのですが・・・

お金を借りるには、やはりどうしても、収入がなければなりません。アルバイトや派遣社員などに登録することで、不安定でも収入を得ることから始めましょう。このご時世、職業につくのもなかなか思うようにはいきませんが、どうにかして仕事を得てしまうのが、無職の状態からキャッシングを利用する一番の近道なのです。

キャッシングを行う際に、必ず覚えておかなくてはならないことは、当然のことですが、借りたお金は返さなくてはならない、ということです。ですから、お金を借りるために付け焼刃で職業につく、というのは本当は良くないことかもしれません。しかし、どのような理由にしろ、やはり人間は働かなければ食べていくことが出来ない以上、職はなければなりません。例えそれが借金を返すためであったとしても、長く職に就くきっかけになれば良いのではないでしょうか。

「初めての方」は、キャッシングローンの審査で有利になる?

 キャッシングサービスを受けるには、利用する会社の審査を受け、それを通過する必要があります。では、そういった審査ではどのような人が好まれるのでしょうか。

 実は、消費者金融では、「キャッシングが初めて」という方は非常に好まれます。融資の相談に行き、そこで「キャッシングは初めてで……」というようなことを言った瞬間に、相手の反応が一気に変わるということもあるかもしれません。それはどうしてかというと、消費者金融側にとって「キャッシングが初めて」という方は、とてもありがたいお客様だからなのです。

 消費者金融界では、大きなものから小さなものへ、上流にあるものから下流にあるものへ、という「流れ」が決まっており、利用者が選ぶ利用先も、そのままの順になるのです。大手の会社の審査を受けてそこに落ちた利用者は、「流れ」を下った先にある会社へと行き着きます。こういった流れは、なにも利用に限った話ではなく、「返済」の順番にも大きく関わってくるものです。

 要するに、最初に借りられたところは、まず最初に返済されるということですので、その「流れ」の先端部分ということになります。もし、利用者が最初に借りたところの返済ができないということになれば、利用者は二番目の会社へ行き借り入れをします。その二番目も借りられなくなれば、三番目の会社へ、というように、「流れ」が生まれてくるということになります。

 こういった「流れ」は、すべて一番目に利用された会社が中心となって巡っているものなので、返済を優先される一番目の会社にとっては、とてもありがたいものとなります。こういった理由で、「キャッシングが初めて」という方は、キャッシング会社にとってかなり価値の高い人だ、ということになりますね。

キャッシングで借りられなくても、車担保融資でなら借りられる?

 車を運転していると、「車を利用したままで即日融資可能」といった看板や広告が目に付くことも多いかもしれません。こういった宣伝は、車担保融資の広告であることが多いようです。車担保融資という言葉は、聞いたことがあっても、実際にどういった融資の方法なのかあまり知らない人も多いのではないでしょうか。車担保融資とは、それだけ少数派の融資方法ともいえるかもしれません。

 車担保融資では、車を担保にすることで、車の査定を行い、その査定範囲の中での融資を原則として行っているようです。一般の中古車販売での査定と同じように、古い車や事故車であったりする場合は、査定額が低くなってしまうことがあるようですので、車担保融資の際には覚えておくとよいかもしれません。

 車担保融資は、「車」という目に見えたものを抑える方法ですので、消費者金融などで借り入れができなくなった人でも簡単に査定額内での融資を行ってもらえるようです。また、銀行や消費者金融での融資には様々な手続きや審査がありますが、車という担保を使って行う融資ですから、そういったものが必要ないということもあるようです。最近では、車を担保として融資を受けても、その車をそのまま継続して利用することが出来る車担保融資も増えてきているようです。

 また、この方法のデメリットとしては、車の査定内容に融資の額も左右されますから、所有する自家用車によって、自分が希望する金額の融資を受けられないということも多いと聞きます。車を担保としますから、仮に返済が滞ってしまった場合は、即座に車を引き渡さなければならないというのも、デメリットといえるかもしれません。車が生活の必需品である地域では、車を担保とする融資の方法は、かなりリスクが高いといえるかもしれません。

キャッシングの審査基準では、既婚者よりも独身者が優先されやすい?

 キャッシングサービスを利用するためには、利用する会社の審査を受け、その審査に通過する必要があります。そういった審査の中で、利用者のどういった部分が判断されるのでしょうか。融資を許可するかしないか、その基準はどこにあるのでしょうか。

 融資をする金融会社側は、審査の申込者の情報を判断します。判断されるひとつひとつの項目は、「属性」と呼ばれることがあるようです。自分のことや家族のこと、仕事のこと、居住地などを判断していくのです。属性はいくつもありますから、当然重視されるものとそうでないものというのが生まれきます。特に重視される属性というものには、年齢や職種、居住年数など、その人の収入レベルを判断できるものがあります。収入レベルが判断でき、さらに確証がとれるものに関して、特に重視される属性ということができます。

 その中で「年齢」については、キャッシング会社は基本的に、メインの利用者を20代から30代としていますが、その中でも独身の方を重視しているのです。実社会では独身者よりも既婚者の方が信用があるのですが、キャッシング会社としては、既婚者よりも使えるお金が多いと判断するため、独身者のほうが優遇されるということがあるのです。また、年齢は上になればなるほど審査には厳しくなっていってしまいます。キャッシング会社のほうで、ある程度の年齢になっているのに貯金などがないのはおかしいと考えられてしまうためです。住宅ローンを抱えている場合などもあるので、契約をするかどうかの判断には慎重になりがちなのです。

無審査で借りられるキャッシング業者の正体とは

 無審査で借りられるキャッシング業者というものは、キャッシングサービスを利用する人にとっては大きな関心があるところだと思います。本当に、無審査でキャッシングをしてくれる業者なんてあるのか? と思われるかもしれませんが、実は全くないということでもないのです。無審査でのキャッシングができる、という業者は、だいたいが次のようなケースであることが多いです。

 1:仲介のケース。無審査で客を集めて、他社を紹介することで手数料を取っていくタイプです。自分のところではキャッシングをするわけではないので、無審査ということになります。
 2:闇金融のケース。いわゆる闇金融と呼ばれる業者は、誰にでも貸すために無審査であることが多いです。その代わりといってもいいように、利息も違法であることも多いですし、取り立ての面にも問題があります。
 3:現金化のケース。クレジットカードにあるショッピング枠を、現金化するという方法です。商品の売買ということになりますので、審査はありません。
 4:個人情報詐欺のケース。無審査キャッシングという名前で客を集め、債務者の情報を集めて、闇金などに売り渡す業者です。実際にキャッシングをするわけではないので、無審査になります。
 5:情報販売のケース。無審査キャッシングの情報を売ります、というような文句で、申込者に情報を数万円程度で売るというものです。ここでキャッシングをするわけではないので、無審査ということになります。

 実際には、無審査で借りれるというような業者はいわゆる闇金融であることがほとんどです。無審査でキャッシングできるという業者は確かに存在しますが、そのほとんどがこういった業者である、ということを覚えておいてください。申し込みには高いリスクがあることも事実ですので、冷静に判断したうえで利用を考えてください。

過去にトラブルがある人でも借りられる、簡単審査の企業

 簡単で手軽にお金の借り入れをすることができるキャッシングサービスは、最近多くの人が利用しています。インターネットやATMから、キャッシングは申し込みを行うことができます。手続きが簡単なことが多いので、手間がかからずに便利といえますよね。ですが、過去にキャッシングでのトラブルがある人は、利用できないこともあります。返済ができる人でなければ、手軽なキャッシングサービスでも借り入れはできないのです。

 では、トラブルを起こした経験のある人は、キャッシングができないのでしょうか。実は、そういった人でもキャッシングができる会社があるのです。多くのキャッシング会社の中には、審査がもっと簡単な企業というものもあり、そこであればキャッシングを利用することができます。どうしても借りたい、ということであれば、そういった簡単な審査をしてくれる会社を探してみましょう。

 簡単だと評判の会社を使うには、不安があるかもしれませんが、その不安を打ち消すためにも、利用するキャッシング会社の情報を調べるようにしましょう。そこでキャッシングを行っている人に話を聞いたり、窓口に直接行き相談することでも、対応を見ることが出来て、信用できるかどうかは判断することができると思います。

 ですが、当然ながら審査が簡単な企業というのはあまり多くありません。トラブルのある人からキャッシングを受けるのは、会社側にもリスクがあることだからです。 まず何よりも大切なのは、キャッシングサービスでのトラブルを起こさないように返済をしていくということだといえますね。

キャッシングの審査で、重視される属性の内容に注目

 キャッシングサービスを利用するためには、利用する会社の審査を受け、その審査に通過する必要があります。では、そういった審査の中では、利用者のどういった部分が判断されるのでしょうか。金融会社は審査の申し込みを受けると、まず自社の登録情報に申込者が既に登録されているかどうか、ということを調べます。そして、信用情報機関に問い合わせて、申込者の記録があるかどうかの調査に移ります。それから、申込者の年齢や過去の借り入れ経験といった、個人情報の面も調査していくのです。そこから、借り入れを許可するかどうか、どれくらいの額の融資を許可するのかなどを判断していきます。審査に通ることで、クレジットカードが発行され、キャッシングサービスを利用することができるようになるのです。

 キャッシングの申し込みには、自分の個人情報といえるものをすべて晒すつもりで望まなければなりません。自分のことはもちろん家族構成や、職業や勤務先や、住居の環境なども審査項目に記入しなければなりません。金融会社の審査では、そういった項目のことを属性と呼ぶことがあります。その中でも、特に重視される属性があり、そこに問題があった場合は、審査を通過する確立は低くなってしまいます。

 重視される属性というのは、その人がいったいどういう人なのかというものを判断することができるもので、また確証がとれるものについては重視される傾向にあるようです。中でも、収入レベルがわかるような属性も重視されるようです。年収は重視されるだろうと思われるかもしれませんが、実はこれは自己申告が可能なものなので、年収自体というものは裏付けがとれない限りはあまり重視されるものではないのです。事実でない報告も可能な項目ですから、確証のあるものよりは重視されることはないようです。

 また、職種の面では、特に「離職率が低い」ものであれば、審査には有利になります。公務員などがその最たる例で、それに次ぐものでは会社勤めのサラリーマンなどになります。不利な職種はその反対で、「不安定な職種」となります。水商売関係や、日雇いの労働、自営業や、作家なども、安定しているとは判断されにくく、審査は厳しくなるようです。一方で住居の面では、持ち家であるかどうかという点は当然重視されるのですが、それと同時に、居住年数もかなり重視されます。高級なマンションに住んでいるかどうかというよりは、どういう家であっても長期間住んでいるほうが、審査ではプラスになります。長く住んでいることで、信用があると判断されるのです。

おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ