TOP画像

キャッシング出来るローンカードとはどんなカードでしょう?

Q.ローンカードいうのが有りますが、クレジットカードとはどのように違うのでしょう?私が持っているクレジットカードにもキャッシング機能が付いています。咄嗟に現金が必要な時には十分役に立っています。ローンカードを持つ事でどのように変わるのか教えてください。

A.まずはローンカードとかカードローン、キャッシングカードと言う呼び方が有りますが、いずれもキャッシング専門のカードで、クレジットカードとは違う点です。クレジットカードにもキャッシング機能が付いているのが有りますので、必要性は無いように感じますが、利息や限度額がクレジットカードとは明確に違うのです。

クレジットカードの場合キャッシングの限度額が50万円とか100万円が普通で、プラチナカードで300万円位です。それがローンカードだと最大700万円とか800万円の所が有るのです。そして利息が低めに設定してあるのも注目する点です。クレジットカードだとキャッシング利息が15%~18%と言うのが普通ですが、ローンカードだと4.5%~14.5%と、かなり低く設定してある所も有ります。

ただし総量規制で誰でも最大額で契約できるわけではありません。年収の1/3までしか契約できませんので、800万円で契約したければ、年収は2400万円なければなりません。それだけの年収の人がローンカードを必要とするかどうかは解りませんが、クレジットカードだとこれだけの枠は用意されていません。

要するにローンカードとは、より低金利で、高額なキャッシングが可能なカードということです。キャッシングの利用頻度の高い方には、クレジットカードの他に持っていたほうが良いカードと言う事になると思います。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ