TOP画像

無職でもキャッシングできる方法も。借りれても返済は絶対必須

基本的に職に就く、またはアルバイト・パートなどで収入を得ていない場合、審査が通らずキャッシングをする事は出来ません。当然、無職の人は、キャッシングでお金を借りる事ができないのです。主婦も無職ではありますが、旦那さんが定職に就いている場合は借りれるケースが多いです。

職についていようと、いまいとお金は必要です。特に無職となれば必要でしょう。働くのは時間がかかるから無職だけど、お金を借りたい。そんな方にも方法はあります。

キャッシング会社の審査というものは、その人にお金を貸して返ってくるかを検討する事を言います。つまり仕事があって給料を受け取れる環境に、あるかどうかが重要なのです。

まずは派遣会社に登録しましょう。審査の際に派遣会社に連絡が行きます。そこで在籍の確認が取れると働いているという証拠となり、審査に通りやすくなります。もちろんアルバイトでも結構です。アルバイト先に電話が行き在籍の確認が行われます。実際に働いていなくても、在籍さえしていれば審査に落ちる要素が1つ減るわけです。もしその気があったら、そこで働いて無職から抜け出す事も可能となります。

また会社や営業マンによっては、厳密に在籍確認等を取らない事もあります。無職でお金を借りようと思ったら、1社では諦めずに何社か申込むようにしましょう。

借りる時に注意する事もあります。審査がなかったり、すぐに貸してくれる会社。名前も聞いた事もないところは怪しいです。闇金融や違法な会社の可能性があるので、そういうところでは絶対に借りないでください。取り返しのつかない事になり、人生の破たんに繋がります。

あくまでも裏技と言いますか、緊急避難的な方法です。その場はしのげても、収入がなければ借りたお金は、すぐに無くなってしまいます。働くまでの場つなぎだと認識しましょう。


最新情報

このページの先頭へ