TOP画像

キャッシングやローンを利用するための、貸付審査で行われる調査とは

 キャッシングや、カードローンといった現金の融資を行うサービスでは、必ずといっていいほど貸付のための審査というものが行われます。では、そういったキャッシング会社の審査では、どういったことが行われるのでしょうか。

 簡単にいってしまうと、このような審査で見られているのは、申込者の「個人信用情報」と呼ばれるものです。個人信用情報というのは、融資が可能かどうかを判断できるに足る、申込者の必要な情報のことです。具体的には、氏名や住所などの基本事項から、勤務先や過去の借り入れ履歴や、過去の訴訟の有無など、それまでに申込者が行ったローンやキャッシングは問題なく返済されているかなど、そういったことが調査されていきます。そういった情報から、申込者に返済能力があるかどうかということを判断しているというわけです。

 個人信用情報は、各金融機関がそれぞれ管理しているのではありません。これは、「信用情報機関」という信用情報を専門に扱っている企業が管理しているのです。信用情報機関もいくつか数があり、金融機関はそれぞれの信用情報機関を選択して利用しています。

 キャッシングやローンなどを利用していく上で、仮に金融会社とのトラブルを起こした場合、そういった情報も個人信用情報に登録されます。個人信用情報には、実際に利用があったキャッシングの情報のほかにも、利用の申し込みをした履歴や、どれだけの金額を借り入れしたかなど、そういった情報がすべて開示されます。

 キャッシングやローンでの審査が行われる場合は、この個人信用情報というものは必ず参照され調査されるものです。ですから、この情報に不安要素があったり、明らかに返済能力に問題があると判断される場合は、審査でも通る可能性というのは格段に低くなります。例えば、複数の会社から現在も借り入れがあるという状況にある場合は、返済能力が疑問視されても仕方がないといえるかもしれません。新たにキャッシングでの審査を受ける場合には、自分の借り入れ状況や、個人信用情報は現在どんな状態になっているのかということを把握し、問題のある人物だと判断されないように注意をするようにしましょう。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ