TOP画像

キャッシングとカードローン。違いを知って目的に合わせて借りよう

キャッシングとカードローン。似ているようで本当は、意味が異なる言葉なのです。両方とも無担保で使途無制限ですが、借入金の返済方法が異なります。

キャッシングは一括返済を前提としたお金の融資です。例えば10万円借りたとしたら翌月10万円+利子を払わないといけないというのがキャッシングです。短期の融資になりますので、その分会社の利益を出すために金利が高くなります。

カードローンはリボルビング払いなど、長期返済を前提としたお金の融資です。10万円を借りたとしたら「月々1万円を10カ月かけて返す」といったものです。長期に融資している為、利益を安定して得る事が出来るので金利が安く設定されています。

本当の意味は違う両方の言葉ですが最近では境界線が、曖昧になっています。キャッシングでも一括返済ではなく、分割での返済が主流となっています。またカードローンもローンという言葉がネックになっていてキャッシングと変えているところもあります。

これはローンだと住宅ローンやマイカーローンなど使途が制限されているローンとごっちゃになって、利用者が二の足を踏んでしまうからです。

線引きが曖昧になってきている二つの言葉ですが明確な違いが「カードローンは安く、キャッシングは高い。」という金利の違いです。

どちらも長所短所があります。金利が高くても、すぐにお金が必要な方は即日融資が可能なキャッシングを選んで早期返済をした方が良いでしょう。まとまった額を借りて、長期で金利を安く抑えて返済していく計画を立てている方ならカードローンの方はお得です。

その違いを理解し、自分の目的と照らし合わせて、お金を借りる時は、なるべく損をしないように借りるようにしましょう。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ