TOP画像

キャッシングとカードローンの違いは一体どこにあるのか?

 最近では、キャッシングやカードローンなどのように、簡単に現金を借り入れできるサービスが増えてきています。こういったキャッシングやカードローンなどの言葉を、広告などで目にする機会も増えてきているかもしれませんが、その二つには実は違いがあるということをご存知でしょうか。

 カードローンもキャッシングも、基本的には金融機関からお金を借り入れるということを指しているのですが、その言葉の意味には少しだけ違った意味合いがあります。そもそもローンとは、住宅ローンなどのように、ある程度目的が定まっている場合が多く、まとまった金額を一度に借り入れ、その後から月々で決まった金額を返済していく、という方式です。

 それに対してキャッシングは、「基本的に一括返済を前提としているもの」という意味合いが強かったようです。ローンのように目的性はなく、その場で現金を調達するためのサービスとして認識されていたのが、このキャッシングです。

 ですから、ローンは「多額の融資」のためのサービス、キャッシングは「少額の融資」のためのサービスとして認識されていた、ということになります。ですが最近では、金融機関も元々の意味とはあまり関係なく、キャッシングとカードローンの二つをほぼ同意義として扱っていることも多いようです。

 元々のローンという呼び名も、最近ではATMなどを使うことによって借り入れや返済ができたりするようになったことから、「カードローン」という呼び方に変わってきていますし、キャッシングのほうでも、小口の融資を受けるという「キャッシングローン」という呼び名も使われ始め、二つの差はますますなくなってきているようにも思えます。ですが、本来はこういう意味であったということも、覚えておいてもよいかもしれませんね。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ