TOP画像

住宅ローンの審査では、キャッシングの履歴があると不利になる?

 家を購入する際には住宅ローンを組むことになると思いますが、そんな住宅ローンに関しての不安を持っている方も少なくないのではないでしょうか。過去のキャッシングを使った履歴が、住宅ローンの審査にどう影響するのか、ということは、非常によく聞かれることです。

 結論から言ってしまえば、過去のキャッシングの利用状況は、審査に影響することもしないこともあります。どういうことかというと、住宅ローンの審査では基本的に個人信用情報を調査します。審査ではその人に返済能力があるかどうかを判断し、融資をするかどうかを決定しますが、そのときに、過去のキャッシング利用状況というのは必ず調査されます。個人信用情報を調査すれば、その人が過去にキャッシングを使ったかどうかというのは、すぐにわかることだからです。また、その借り入れはどこから行ったものか、どれだけの金額を借り入れしたのか、返済は行われたのかということは、すぐに調べられるようになっています。

 ですから、その際に返済に問題がなかった場合では、住宅ローンの審査にも影響はないと考えられますが、そこで返済が滞っていたりした場合は、当然返済能力に信用があると言える状況ではなくなり、審査に影響が起こる可能性もあるのです。

 また、複数の借り入れが現在もある場合は、問題なく支払いをしていくことができるという場合であっても、複数の借り入れがあるということに注目され、住宅ローンの審査に通らないということも起こりうるようです。

 このように、キャッシングの利用履歴というのは確実に参照されるものなので、隠し通そうとはせずに、正直に開示するように心がけましょう。住宅ローンの審査を受ける段階で、まだ複数件からの借り入れがある、という場合は、可能であれば一時的にでも返済を終えておけば、審査には有利になるということもあるようです。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ