TOP画像

キャッシングと住宅ローン、そのふたつを結ぶ密接な関係

 キャッシングと住宅ローンの間には、実はとても関係があるということを知っているでしょうか。マイホームを購入するために住宅ローンを組むことは多いかと思われますが、その際に、「キャッシングを利用していると住宅ローンの審査に通りにくい?」という疑問を持つ方は多いのではないかと思います。そんな疑問を解消するために、キャッシングと住宅ローンの関係性について知っておきましょう。

 まず、住宅ローンの申し込みがあると、銀行は申込者の審査を行います。個人信用情報から勤務先や勤務年数などを確認し、返済能力があるかどうかを判断したうえで、ローンの貸付を行います。その際、過去にキャッシングをしたかどうかは、個人信用情報を見ればすぐにわかります。クレジットカードでの借り入れの記録や返済状況などは、契約が終了してからも最大五年間は個人信用情報センターに記録されているからです。

 このとき、仮にキャッシングの借り入れでの返済が遅れていたり、返済できなくなっていたりした場合は、住宅ローンの審査にも大きく影響します。当然、返済能力が疑問視されることになるため、住宅ローンの審査でも通らない可能性というものが出てきます。あくまで一般的な金額を借り入れて、期日から遅れずに返済を終えられている場合は、特に問題にはならないので安心してよいでしょう。

 もし、過去に返済を遅らせたことがあって、住宅ローンの審査に通らなかった場合は、その記録が残らなくなる五年間を待ってから、もう一度チャレンジしてみましょう。また、審査では借り入れの残高と収入のバランスも審査されます。クレジットカードをいくつももっている場合は、借り入れをしているかどうか以前に、そのカードのキャッシング枠自体が借り入れ額とみなされる場合もあります。住宅ローンの審査を受けるときには、使わないカードなどは解約しておくと有利かもしれません。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ