キャッシング

キャッシングとカードローン。違いを知って目的に合わせて借りよう

キャッシングとカードローン。似ているようで本当は、意味が異なる言葉なのです。両方とも無担保で使途無制限ですが、借入金の返済方法が異なります。

キャッシングは一括返済を前提としたお金の融資です。例えば10万円借りたとしたら翌月10万円+利子を払わないといけないというのがキャッシングです。短期の融資になりますので、その分会社の利益を出すために金利が高くなります。

カードローンはリボルビング払いなど、長期返済を前提としたお金の融資です。10万円を借りたとしたら「月々1万円を10カ月かけて返す」といったものです。長期に融資している為、利益を安定して得る事が出来るので金利が安く設定されています。

本当の意味は違う両方の言葉ですが最近では境界線が、曖昧になっています。キャッシングでも一括返済ではなく、分割での返済が主流となっています。またカードローンもローンという言葉がネックになっていてキャッシングと変えているところもあります。

これはローンだと住宅ローンやマイカーローンなど使途が制限されているローンとごっちゃになって、利用者が二の足を踏んでしまうからです。

線引きが曖昧になってきている二つの言葉ですが明確な違いが「カードローンは安く、キャッシングは高い。」という金利の違いです。

どちらも長所短所があります。金利が高くても、すぐにお金が必要な方は即日融資が可能なキャッシングを選んで早期返済をした方が良いでしょう。まとまった額を借りて、長期で金利を安く抑えて返済していく計画を立てている方ならカードローンの方はお得です。

その違いを理解し、自分の目的と照らし合わせて、お金を借りる時は、なるべく損をしないように借りるようにしましょう。

その場しのぎの早期返済なら、無利息のキャッシングで借りるべし!

お金を借りると利息が発生します。友人やご家族から借りたら、そんな事もないかも知れませんが関係が破たんする恐れがあります。自分のお金は自分で用意する。そう思われてキャッシングされる方なら、利息は必ずついてくる問題です。

一般的に銀行系のキャッシングなら利息も安く、まとまった額を借りる事も出来ます。その分、審査が厳しかったり申し込みから借入までに時間を要したりします。長期的に考えて返済計画を立てるなら、こちらが良いでしょう。

しかし、給料日までの一週間を凌ぎたい。すぐに借りてすぐに返す。そんな方なら、無利息でキャッシングできる会社を選ぶべきでしょう。こちらはネット系や消費者金融系のキャッシング会社に見られる特徴で、借りてから30日間無利息などのサービスがあったりします。

例えば、今日借りて10日後の給料日に全額返済する。そうすると利息0で借りた分だけを返すだけで済みます。普通に借りると、お金の額にもよりますが、必ず利息が発生し借りた分以上のお金を払わなければなりません。それがないので早期返済が可能な方なら、こちらを利用した方がお得です。

ただ無利息期間をすぎると銀行系と比べて金利が高いので、あっという間に借入金が跳ね上がって行きます。多額のローンを長期的に返す予定の方には、損以外の何物でもありません。

一番はキャッシングをしない事ですが、どうしてもお金が必要になる状況はあると思います。お金を借りる時は、ご自分の目的や状況に合わせて、賢くお金を借りるようにしましょう。なるべく支払う額を抑えて計画的に返す。これがキャッシングをする時の、重要なポイントとなります。

カードローンとキャッシング。その違いはどこにあるのか?

必要な際に小額の融資を受けられるサービスとして、キャッシングは知られています。その一方で、同じくお金を借りるサービスとしてカードローンというものがあります。キャッシングの場合も、カードを使うことはあります。では、キャッシングとカードローンは、どのような点で違いがあるのでしょうか?

一般にいうところのキャッシングは、お金を借りる行為をさします。それはカードローンも同じことです。キャッシングとカードローンの違いは、非常に難しく、また曖昧でもあります。その区別が全くつかない、という人も多いのではないでしょうか。しかし、金融機関は、キャッシングとカードローンを別々にわけ、全く別のものとして扱っている場合が多いです。

その大きな違いは、返済方法にあります。キャッシングで借りたお金は、翌月に一括で返済しなければなりません。一方、カードローンで借りたお金は、分割での返済が一般的です。

とはいえ、最近では、「カードローン」と呼ばれるべきサービスであっても「キャッシング」という名前で扱われることが多いのも事実です。そのため、両者の間は混乱し、キャッシングとカードローンの違いはより一層曖昧なものとなっています。

この理由はいろいろなものがあげられますが、一つには、キャッシングという言葉が、気軽に受けられる融資体系として広まったために、カードローンがより親近感を感じやすい「キャッシング」という名を借りてサービスを展開することを始めた、ということがあげられます。キャッシングとカードローンは、言葉の上では境界がなくなってきているのかもしれません。これからは、名前だけで早急に判断せずに、その形式を確認してから利用することがより一層求められるでしょう。

住宅ローンの審査では、キャッシングの履歴があると不利になる?

 家を購入する際には住宅ローンを組むことになると思いますが、そんな住宅ローンに関しての不安を持っている方も少なくないのではないでしょうか。過去のキャッシングを使った履歴が、住宅ローンの審査にどう影響するのか、ということは、非常によく聞かれることです。

 結論から言ってしまえば、過去のキャッシングの利用状況は、審査に影響することもしないこともあります。どういうことかというと、住宅ローンの審査では基本的に個人信用情報を調査します。審査ではその人に返済能力があるかどうかを判断し、融資をするかどうかを決定しますが、そのときに、過去のキャッシング利用状況というのは必ず調査されます。個人信用情報を調査すれば、その人が過去にキャッシングを使ったかどうかというのは、すぐにわかることだからです。また、その借り入れはどこから行ったものか、どれだけの金額を借り入れしたのか、返済は行われたのかということは、すぐに調べられるようになっています。

 ですから、その際に返済に問題がなかった場合では、住宅ローンの審査にも影響はないと考えられますが、そこで返済が滞っていたりした場合は、当然返済能力に信用があると言える状況ではなくなり、審査に影響が起こる可能性もあるのです。

 また、複数の借り入れが現在もある場合は、問題なく支払いをしていくことができるという場合であっても、複数の借り入れがあるということに注目され、住宅ローンの審査に通らないということも起こりうるようです。

 このように、キャッシングの利用履歴というのは確実に参照されるものなので、隠し通そうとはせずに、正直に開示するように心がけましょう。住宅ローンの審査を受ける段階で、まだ複数件からの借り入れがある、という場合は、可能であれば一時的にでも返済を終えておけば、審査には有利になるということもあるようです。

カードローンとキャッシング、似ているふたつの違いって?

 カードローンやキャッシング、といった言葉は広告などで聞いたことがあるかと思います。便利に現金を借り入れできるこういったサービスを、利用している方も多いのではないでしょうか。では、カードローンとキャッシングの違いとは、いったいどういったところにあるのでしょうか。

 カードローンもキャッシングも、どちらも金融機関からお金を借り入れるということです。ですが、同じようなものでも、実は少しだけ違っている点があるのです。現在では、カードローンもキャッシングも同じ意味で取り扱っている金融機関も少なくはありませんが、本来はどういった違いがあったのかを確認してみましょう。

 まず、ローンとは、住宅ローンやフリーローンなどのように、まとまった金額を借り入れて、その後から毎月決められた額を返済していくという方式を一般的にとっているものです。ローンの融資枠は、審査によって決められた額になり、クレジットカードの融資枠とは別に決められるものです。返済は、リボルビング方式を採用しているところが多いようですね。一口にリボルビング式といってもいくつか種類がありますが、採用されることが多いのは、返済によって残高が減るごとに返済額も徐々に減っていく、「残高スライドリボルビング方式」が多いようです。こういったものは、元は単に「ローン」と呼ばれていましたが、最近ではよりローンが便利になっていき、専用のカードなども発行され、ATMなどから自由に借り入れをすることができるようになり、「カードローン」とも呼ばれています。

 では、キャッシングはどうでしょうか。ある程度の金額を借り入れて分割払いで返済をしていくローンに対して、キャッシングは元々「一括返済を前提としているもの」ということが多かったようです。こうしたことから、元々はローンは「大口の融資」、キャッシングはその場で現金を調達するための「小口の融資」という意味合いが強かったようです。

 ですが、最近ではカードローンにも小口融資に対応できるものなどがあり、キャッシングでも専用カードが発行され、分割払いが主流になってきています。以前では意味が異なっていたこの二つですが、徐々にそういった境界線もなくなり、現在では二つの意味は似たようなものとなってきているようです。

住宅ローンを組む際には、過去のキャッシングの延滞が影響することも

 家を購入するために住宅ローンを組もうとしても、過去のキャッシング利用が何か関係してくるのではないか? と不安を抱えている方も少なくないのではないでしょうか。実際にローンを組むという段階になってから困ることがないように、キャッシングと住宅ローンの関係性について知っておきましょう。

 まず、住宅ローンのためには、申し込み先の金融機関での審査を受け、その審査に通過する必要があります。その審査では、申込者の個人信用情報などが参照され、申込者に返済能力があるかどうかといったことを判断されます。個人信用情報機関には、過去のキャッシングの利用状況なども登録されているため、申込者がどういうキャッシング利用をしていたかどはすぐにわかってしまいます。

 ですから、そこで仮にキャッシングの借り入れでの返済の遅れや、トラブルなどの情報が残っていた場合、住宅ローンの審査にも当然影響が起きるとみていいでしょう。返済能力が疑問視されてしまい、審査に通過できないということにもなりかねません。ですが、一般的な金額を借り入れて、問題なく返済ができていた場合は、審査に影響があるといったことはまずありませんので、安心してよいと思います。

 また、住宅ローンの審査で否認となる場合は、そのとき借り入れがまったくない状況でも、頻繁に借り入れがあるというようなときに起きることがあります。住宅ローンの審査を受ける際には、少なくとも三ヶ月以上はキャッシングの利用を控えたほうがよいかもしれません。クレジットカードでの買い物でも、リボルビング方式での支払いをしている場合は、借り入れとみなされることもありますので、注意が必要です。

 また、完全に返済を終えた状態であっても、借り入れの履歴は個人信用情報に残っています。ここでは、借り入れの金額や借入先などもすべてわかってしまいますので、その場合によっては住宅ローン審査否認の要因になってしまいます。現在は返済が終わっていたとしても、過去三年間で消費者金融などでの借り入れがあった場合には、住宅ローンの審査では大きなマイナス要素になってしまいます。仮に、それで住宅ローンの審査に通過できなかった場合は、信用情報機関から登録が残らなくなる五年間を待ってから、もう一度審査を受けるようにしましょう。

女性向けのサービスも充実の、レディースローンでのキャッシング

 様々あるキャッシングサービスの中には、主に女性を対象としたサービスというものがあります。

 いわゆるレディースキャッシングやレディースローンと呼ばれるもので、女性を優遇したサービスを積極的に行っているものです。レディースローンでの最も大きな特徴といえば、一般的な消費者金融などとは違って、店舗で対応するスタッフのほぼ全員が、女性で構成されているということです。やはり、女性は一人でそういった店舗に入ることに抵抗があるものですから、そういったスタッフ構成にすることで、緊張や入りにくさといったものを和らげたりする目的があるようです。

 また、女性を対象とした貸付の上でのサービスも存在します。女性限定で金利を低減したり、融資の限度額を高く設定するなどのサービスを積極的に行っていて、レディースローンとしての女性をターゲットとしたキャッシングサービスを進めています。

 そのほか、それでも店舗には行きたくないという方や、借り入れの際に誰にも見られたくないという女性のために、インターネットでの申し込みも可能な、ネットキャッシングというものもあります。自宅からインターネットを使って簡単に手続きが出来るので、申し込みから融資まで、誰にも見られることがありませんので、女性にも人気のサービスであるといえるでしょう。

 キャッシングを利用したいと考えている専業主婦の方であったりすると、家族には内緒で借り入れしたいと思っていることもあるのではないでしょうか。主婦の方でも、パートなどで毎月安定した収入のある方であれば、借り入れをすることは可能です。キャッシングでは保証人や担保なども不要で借り入れできます。家族に伝わらないように借り入れしたい、という場合には、会社と契約する際に、電話連絡や通知の発想を控えてもらうように伝えれば、家族に伝わらずに借り入れをすることができます。

 以上のように、女性専用キャッシングでは、他のキャッシングサービスよりも女性向けに優遇されたサービスがあります。ですが、それ以外は通常のキャッシングサービスとは特に違いがありませんので、あまり無理な借り入れをせずに、計画的に利用をしてきましょう。

インターネットから申し込めるキャッシングローンは、安心できる?

 最近ではどの家庭にも一台はパソコンがあり、インターネットに接続できる環境にあるかと思います。インターネットの普及は年々増加していて、携帯電話での利用なども考えると、一人がそれぞれインターネットに接続しているという状態も、そう遠くはないかもしれません。小学校からパソコンの操作方法を学ぶ機会もありますから、ますます身近なものになってきています。

 さらに、インターネット上からも様々な申し込みや手続きができてしまう世の中になり、インターネットで通販なども可能になってきいます。インターネットでの専業銀行、いわゆるネットバンクなどもあります。店舗に出かけなくとも利用ができるネットバンクは、入金や引き出しもコンビニのATMなどで時間を気にせず利用することができます。一部には、カードローンを提供しているネットバンクなどもあります。こういったインターネットの利便性の向上は、キャッシングにも大きく関係しています。

 キャッシングやローンの申し込みでも、店舗に直接出向くとなく、自宅でインターネットから簡単に申し込みをすることができるようになってきているのです。いつでも、好きなときに時間を見つけて申し込みをすることができるのです。では、そういったインターネット上の手続きは、本当に安心して利用することができるのでしょうか。個人情報が流出しないかなど、問題も考えられます。

 インターネット手続きが普及するにつれて、セキュリティ面もしっかりと確立されていることが求められます。インターネットは便利である反面、情報を盗まれるなどの危険な側面もありますからね。最近ではインターネット上の犯罪も増加傾向にあり、メールやインターネットを通じて個人情報を盗み出すことも可能なスパイウェアなども出回っています。

 こうしたインターネットでの犯罪から個人情報を守るために、金融機関もプライバシーの保護などのための取り組みを様々に行っています。個人情報の暗号化やクレジットカード情報の暗号化などをすることによって、個人情報が漏洩することを未然に防いでいるのです。インターネット上での便利な取引を安心して行ってもらうために、各金融機関も個人情報の保護には非常に気をつかっているのです。

自由に使えるフリーローン、キャッシングとの違いは?

 フリーローン、という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 フリーローンとは、その名前の通り、使用目的が自由なローンのことをいいます。結婚資金や、旅行のための資金、そのほかにも欲しいものを買ったりと、使い道は人によって様々です。フリーローンでは、目的が様々であるだけ、気軽に借り入れをすることができますが、目的が定まっているローンに比べると、金利が若干高めに設定されている、ということにも特徴があります。各金融機関によってフリーローンはさまざまですので、そういったところの情報を個別に調べて、自分の目的に合ったものを利用することが望ましいといえます。

 では、フリーローンとキャッシングはどういった点が異なっているのでしょうか。キャッシングとフリーローンは非常に似ているもののように思えますが、その二つには違いがあります。フリーローンの場合では、これといって決まった目的がなく、自由で無担保で、リボ払いになります。キャッシングでは、分割か、一括での返済になります。無担保で、自由に借りられるという点については同じですが、フリーローンではローンを組むということになるので、キャッシングに比べると一度に多額を借り入れすることが出来る、という違いもあります。

 キャッシングでも大きい金額を借り入れることは可能ですが、どちらかというとキャッシングサービスは、一度に大きい金額を借りるというよりは、少額を定期的に借り入れるという利用方法に適しているように思われます。フリーローンとキャッシングの違いは、その点が最も際立っています。

 また、フリーローンではローンを組むということになりますので、返済は毎月になり、その金額も決められています。ですがキャッシングの場合では、そのときに使った分と、その利息分だけが翌日の返済金額になりますから、その点にも違いがあるといえます。ですが、どちらの場合でもお金を借り入れるということになりますので、あまり無理な借り入れはせずに、必要な額だけを計画的に借り入れすることが大切だといえるでしょう。

キャッシングやローンを利用するための、貸付審査で行われる調査とは

 キャッシングや、カードローンといった現金の融資を行うサービスでは、必ずといっていいほど貸付のための審査というものが行われます。では、そういったキャッシング会社の審査では、どういったことが行われるのでしょうか。

 簡単にいってしまうと、このような審査で見られているのは、申込者の「個人信用情報」と呼ばれるものです。個人信用情報というのは、融資が可能かどうかを判断できるに足る、申込者の必要な情報のことです。具体的には、氏名や住所などの基本事項から、勤務先や過去の借り入れ履歴や、過去の訴訟の有無など、それまでに申込者が行ったローンやキャッシングは問題なく返済されているかなど、そういったことが調査されていきます。そういった情報から、申込者に返済能力があるかどうかということを判断しているというわけです。

 個人信用情報は、各金融機関がそれぞれ管理しているのではありません。これは、「信用情報機関」という信用情報を専門に扱っている企業が管理しているのです。信用情報機関もいくつか数があり、金融機関はそれぞれの信用情報機関を選択して利用しています。

 キャッシングやローンなどを利用していく上で、仮に金融会社とのトラブルを起こした場合、そういった情報も個人信用情報に登録されます。個人信用情報には、実際に利用があったキャッシングの情報のほかにも、利用の申し込みをした履歴や、どれだけの金額を借り入れしたかなど、そういった情報がすべて開示されます。

 キャッシングやローンでの審査が行われる場合は、この個人信用情報というものは必ず参照され調査されるものです。ですから、この情報に不安要素があったり、明らかに返済能力に問題があると判断される場合は、審査でも通る可能性というのは格段に低くなります。例えば、複数の会社から現在も借り入れがあるという状況にある場合は、返済能力が疑問視されても仕方がないといえるかもしれません。新たにキャッシングでの審査を受ける場合には、自分の借り入れ状況や、個人信用情報は現在どんな状態になっているのかということを把握し、問題のある人物だと判断されないように注意をするようにしましょう。

おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ