TOP画像

キャッシングの限度額は人それぞれ。借りる額は身の丈にあった金額を

キャッシングの限度額は、その人の収入や仕事、信用度によって大きく違ってきます。他からの借入金が多かったりすると必然と限度額も減ってしまいます。また、総量規制という法律があり、収入の3分の1以上の借入はできないようになっています。その点などを考慮してキャッシング会社が審査を行い限度額を設定します。

限度額は、50万から500万と幅広くあります。公務員など安定した仕事についていれば貸し倒れに心配もないと判断され、初回からでも多額の限度額が設定されます。

逆に収入が多くても不安定な仕事だと、限度額も低くなってしまいます。初回の限度額が50万円でも、きちんと返済をし実績をあげる事で限度額が増えていきます。

金利に関しては借入金が低ければ低いほど金利が高く、また借入金が高ければ高いほど金利が安くなっていきます。これは会社側が安定した利息を得るために設定したもので、きちんと返済を続けていると金利が下がる事もあります。

各社によって審査が違うため一概には言えませんが、勤務先の勤続年数が短いと審査に落とされる可能性があります。また他からの借入金が多かったり、ブラックに載っていたりすると審査に通らない可能性が高くなります。

キャッシングの限度額が多いからと言って油断は禁物です。自分の収入と支出を、よく考えて利用しないとあっと言う間に限度額に達してしまいます。自分の返済できる金額を計算して利用するようにしましょう。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ