TOP画像

キャッシングの金利を安くする方法が有ります

キャッシングした場合、支払う時には金利を含めての支払いになるのは周知の事実です。ローン会社は営利を目的とした企業なのですから当然です。ですが支払う方は、少しでも少なく支払いたいというのが本音でしょう。利息制限法が施行される前は年30%近い金利を支払わされてましたが、施行後は高くても18%位とかなり低く設定されていますので、かなりお得になったような気がします。

現在のキャッシングの金利枠は4%位から18%位の枠が用意されていて、利用可能額により設定されます。利用可能額は申込者の信用度によって決定されます。総量制限により年収の1/3までと決められていますので、年収がどれくらいあるのか?どのような職業についているのか?クレジットの利用状況はどうなのか?などが審査され与信額としてカードの内容が決められます。

カードローンの場合利用可能額が10万円~800万円(各社で内容は違います)と広い幅があります。そしてその幅の中で決定した利用可能額により利息も決まってしまいます。50万円なら18%、300万円なら12%、800万円なら4%といった感じになります。要するに信用度が高ければ、与信額も上がり、金利も低いというわけです。これに矛盾を感じるのは私だけでしょうか?

余談になりますが、金融会社にとって、それらは当たり前なのでしょうが、年収の高い人がキャッシングの必要があるとは思えませんし、もし借りたとしても金利が高かろうが低かろうが、返済に困る事はないと思います。反対に年収の低い人は咄嗟に必要だから借りるという人が多く、金利が高いと返済に苦労するようになります。ですから可能枠の低い人にこそ低金利で利用できるようにするべきなのではないでしょうか。これは利用する立場としての意見ではあります。

これらを踏まえて、金利を低くする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら分ったのではないでしょうか。実際にこのようにして申し込む人が多いので紹介しますと、カードローンの申し込みをする時に、年収の1/3ぎりぎりいっぱいで申し込むのです。年収450万円なら150万円。600万円なら200万円。900万円なら300万円で申し込み、審査で満額通ればそれだけ金利が低いカードを手にすることができます。だからと言って全額利用しなければならないわけではありません。10万円でも20万円でも必要な分だけの利用ができます。また最高利用可能枠が300万円で最低金利7%位のローン会社も有りますので、そちらを申し込めばその会社の最低金利で利用できるようになります。

どうでしょうか?考え方次第で低金利のカードローンを手にすることが出来るのです。自分の年収とカード会社の設定を比較し、検討する事さえ怠らなければ、より有利な条件でキャッシングできるのですから、しっかり調べるようにしましょう。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ