TOP画像

便利になったキャッシングの返済は計画的に、うまく利用しよう

借りたお金は返さないといけない。当然の事ですが、お金がない状況があったからこそキャッシングをしたわけで、それが多額の借入となるとそうそう早期返済も難しいと思います。

キャッシングの返済は基本的に大きく分けて2通りです。1つは毎月決まった額、もしくは借入金に応じて、指定した銀行口座から引き落としされるものです。利息+元金が引かれるので、元金自体も少しずつではありますが減っていきます。借入金が多額だと利息だけが引かれて、ほとんど元金が減らないという状況もありえます。

指定口座から引き落とす場合、返済期日に口座にお金がない時があります。この場合、翌月にまとめて引き落とされるか、指定の口座に振り込むよう指示されます。この引き落としが出来ない延滞の状態が3カ月続くとブラックに載ってしまうので注意が必要です。

2つ目はATMなどで、決められた額を入金する方法です。こちらはキャッシング会社によって違いますが、ATMで決められた日にちまでに借入金の額に応じて返済するものです。会社によっては全国の銀行ATMやコンビニに設置してあるATMで返済ができるため、非常に便利な返済方法です。ただこちらは、時間や場所によっては手数料を取られる事があります。

大きく分けると2つですが、両方ともに臨時の返済を受け付けている会社もあります。今月は多めに返したいと思えば随時、返済ができます。ボーナスが入ったから一括返済したいというのも可能です。

小額の返済なら一度に返し利息を少しでも抑えるようにしましょう。無駄な出費は、減らす事が大事です。多額の借入金があるなら毎月、着実に減らしていきましょう。きちんと返済できるか自信がない方は自分にプレッシャーをかけるのも1つの方法です。

例えばブログに借金の返済日記を綴り、他人が自分の返済状況を見ているという状態になれば、否が応でも返そうと思うはずです。そこまでできないという方は家計簿を作り、収入と支出のバランスを考えながら返済するようにするべきです。多めに返せそうな月があれば返済して、少しでも借入金を減らすようにしましょう。

決められた返済日を守り確実に借入金を減らす。地道ではありますが、これがキャッシングの返済の重要なポイントとなります。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ