TOP画像

キャッシングで一括返済すると金利負担が減少します

カードローンのキャッシングを利用する上で、やはり気になるのは金利でしょう。金利を少しでも少なくする為には支払期間を少しでも短くする事です。カードローンの金利は昔に比べるとかなり低金利になっていますが、銀行からの融資に比べるとかなり高めで、その分負担に感じる人も多いのです。支払期間を短くするにはそれだけ多く支払う事なのですが、ローン会社ではリボ払いが主流で月々の負担を少なくしてますので、どうしても期間が長くなってしまいます。

一番良いのは、支払い期間が最短の一括払いです。利用日から支払い日までの日割り計算で金利が計算されますので、その分支払総額が少なくなります。さらにATM等を使って約定日以前に支払う事も可能です。金利を少しでも少なくしたいと考える人には一括払いがお奨めです。ただカードローンの種類によっては一括払い出来ないカードも有りますので注意しましょう。

DCMXをはじめ数社のカードローンが、一括払いを廃止してリボ払いだけになっています。それは一括払いだと利益が上がらないからです。カード会社の利益とは、もちろん利息分です。利用者は金利を払いたくない。カード会社は利益を上げたい。という相容れない事情なのですが、一括払いを廃止しリボ払いだけにすることで利益を得ようという事なのです。実際に、ここ10年金融業者は1/10に減っていますし、キャッシング利用額もここ数年減っていて、経営自体が厳しい状況なのでしょう。企業として生き残るためには仕方のない事なのかもしれません。今後も益々一括払いを廃止する所が出て来る事が予想されます。

一括払いが出来なくても、繰り上げ返済が出来る所がほとんどなので、そちらを利用して返済期間を短く、支払い総額を少なくするよう心がけましょう。それがカードローンとの賢い付き合い方です。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ