TOP画像

キャッシングの返済額は支払方法によって変わります

キャッシングの支払方法は、カード会社によって違いが有り、様々な方法がとられています。一般的には残高スライド方式やリボルビング方式が多いようです。そして誰もが知っているリボ払いでも計算方法に種類が有る事はご存知でしょうか?そしてその種類により支払総額が変わってしまうのですから、知っていて損はないと思います。

簡単に2つの方法の違いを説明します。1つは元金均等払いと、1つは元利均等払いです。これらは読んで字の如く元金を均等に支払っていくのと、元金と金利を合わせて均等に支払っていく方法です。10万円を借りたとして、具体的にどのように計算するか、やってみましょう。金利をどちらも15%として計算します。リボ払いを1万円としましょう。

まずは元金均等払いです。1回目の支払いが10,000円+100,000X0.15÷12=11,250円。元金1万円で利子が1,250円です。2回目の支払は、元金1万円が減ってますので、10,000円+90,000X0.15÷12=11,125円。元金1万円で金利が1,125円です。この支払い方法だと10回で完済しますので、それまで同じ計算を続けます。

次は元利均等払いです。1回目の支払は、100,000X0.15÷12=1,250+8,750=10,000円。元金は8,750円で金利は1,250円です。2回目は元金が8,750円減ってますから、91,250X0.15÷12=1,140+8,860=10,000円となります。これを完済まで続けるのですが、これだと回数が10回では終わりません。

これだけの計算で違いがはっきりと解ると思います。元利均等だと元金均等に比べ、あきらかに元金が減るのが遅い分、金利を多く支払う事になります。しかし支払いが楽なのは元利均等払いです。このように支払い方法により、支払い総額が変わってきますので、自分の好みで何処のカード会社にするかを決めるようにしましょう。


おすすめキャッシング【ベスト3】!


最新情報

このページの先頭へ